若い子育て世代には住宅ローン金利の引き下げへ

シェアする

12月17日にNHKのネット記事を読んでいると、若い子育て世代向けに住宅ローン金利を引き下げる方向で検討しているという報道がありました。これは政府が推進している子育て支援策の一環で、若い子育て世帯がある一定の条件を満たす場合、フラット35で住宅ローンを借りる際に表示されている金利よりも0.25%を引き下げる優遇措置を実施する方針で進めるようです。

スポンサーリンク

フラット35

フラット35は最長で35年まで固定金利でお金を借りることができる制度で住宅金融支援機構が民間の金融機関を通じて取り扱っています。以前は住宅金融公庫が最初の10年間は金利が安くその後の期間は少し金利が高くなるタイプの固定金利型住宅ローンを扱っていましたが、これが住宅金融支援機構に引き継がれてできた商品です。

現在の金利を調べて見ると、取得にかかる費用に対して融資率が9割以下だと返済期間が21年以上35年以下で年1.1%前後でした。前後としたのは、取り扱う金融機関によって貸出金利が異なるためです。この金利がさらに0.25%も安くなるのはとても魅力です。

対象となるのは若い子育て世帯が親と同居、または親元の近くで暮らすために住宅を取得する場合、中古住宅を購入する場合に適用されます。また金利の優遇が受けられる期間はについては制限があるようです。

親との同居等を条件に入れているのは単に若い世代の応援のみならず、介護費用にかかわる社会保障費の抑制等、別の目的もあるのかもしれません。

今後、日本では人口が減少していきます。人口減少が進むとそれだけ住宅については需要が減ることになりますので、その人口減少が進む中で住宅を新たに取得することが良いのか賃貸とするのが良いのか悩むところではあります。ただ、今回の報道は消費者にとっては選択肢が増えますので良い政策なのではないかと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク