民放無料公式ポータルアプリのTVerが便利

シェアする

最近、民放無料公式ポータルアプリのTVerを利用する機会が多くなりました。今まではブルーレイディスクレコーダーで録画した番組を液晶テレビやタブレットで見ていたのですが、録画中はタブレットで視聴できない等の制約事項があったので、それを補完するために利用しています。

また、ブルーレイディスクレコーダーで録画していなかった番組の中にも面白い番組をTVerで見つけることがあるので、そんな発見も楽しんでいます。

TVerでは下記の放送局でオンエアされた番組が、オンエアから1週間に限って視聴できます。

  • 日本テレビ
  • テレビ朝日
  • TBS、
  • テレビ東京
  • フジテレビジョン
  • 毎日放送(MBS)
  • 朝日放送(ABC)
  • 読売テレビ(ytv)

また、地上波だけではなく、BSで放送された番組も含まれています。しかし、全番組という訳ではないので、何かの基準で各放送局が公開する番組を選んでいるようです。

「TVer」はテレビ番組を広告付で無料動画配信するキャッチアップサービスですが、今回のアップデートで新たに「読売テレビ(ytv)」が追加されています。

当初は通信と放送の端境をどこに置くのか、試行錯誤をしていたと思うのですが、在京の放送局以外もTVerに参加してきた実体を見ると、今後は積極的に融合が進んでいくのではないかと期待できます。

TVerで放送される番組にもCMが自動的に挿入されます。このCMは早送りで飛ばすことができませんので、ブルーレイディスクレコーダーで見ているときよりも不便ではあります。しかも、1.5倍速再生もないので、視聴に際しては合理的ではありません。しかし、なんと言っても自分で録画する必要なく好きな番組を自由に見られるのは大きなメリットです。

今後、TVerを利用する人が増えて、放送局もTVerによる広告収入の道が開けてきたら、TVerの番組公開期間を増やすなど、さらに使い勝手が良くなるのではないかと期待しています。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク