マイルや携帯ポイントなどをマイナンバーカードに集約するサービス登場か

シェアする

読売新聞を読んでいると、マイルや携帯ポイントなどをマイナンバーカードに集約できるサービスを2017年9月に向けてサービスを提供できるように政府が計画しているという記事がありました。

調べてみると、すでに昨年あたりからこの構想は報道されてきたようです。

マイナンバーカードでポイント交換が可能に 地域活性化策として、クレジット大手やドコモなど10社が参加
マイナンバーカードを「ポイントカード」として活用できるようにする政府の地域経済活性化策で、クレジットカード大手など10社がポイント交換に参加する方針を固めたこと…

三菱UFJニコス、三井住友、JCB、クレディセゾン、全日空、日本航空、NTTドコモなどの会社がこのサービスに協力の意向を示しています。

もしかすると、それぞれの企業ごとに発行されている会員カードなどが、マイナンバーカード一枚で対応できるとすれば、財布が軽くなるので有難いと思いつつ、新聞記事を読み進んで行ったのですか、どうもそうではないようです。

各会社が発行しているマイルやポイントを自治体ポイントに合算することで、その自治体ポイントを全国の特産品や公共施設の利用料、美術館や博物館の入館料、バスなどの公共交通機関などに充てることができるようになるサービスなのだそうです。

自治体ポイントは政府と連携した民間サイトで利用することができます。サイトは全国の地方自治体が選定した事業者が登録されます。

自治体ポイントへの変換にはパソコンやスマホを通じて、各会社のポイントを移行、合算するようです。

パソコンやスマホを使いこなしているユーザーが対象になりそうですが、この世代の人は自治体ポイントに興味を示さないような気がします。

私自身はマイナンバーカードをすでに作って所持していますが、登場したのは、先日、住民票の写しが必要となり、コンビニの多機能コピー機で取得したときだけです。確かに便利だったのですが、住民票をそうはたくさん取得しないので、今のままではあまりマイナンバーカードの登場のチャンスがありません。

このような付加価値のあるサービスを付け加えて行って、マイナンバーカードを魅力的なものに仕上げて行くことがやはり大切な時期だと思います。これからどんなサービスが追加されるか興味のあるところです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク