武蔵村山市を走った軽便鉄道「羽村・山口線」

シェアする

野山北公園を散策した際にすぐ近くにある武蔵村山市立歴史民俗資料館に寄りました。こちらには武蔵村山市の古くからの歴史や生活などの展示があります。

その中でも気になっていたのは、羽村・山口線という軽便鉄道に関する展示です。山口貯水池を建設した際の砂利などを多摩川から運搬するために建設された鉄道で、全部で延長は12.6kmありました。

当初は羽村堰から水を狭山丘陵に建設していた村山貯水池に送るための導水路工事用に確保された土地です。大正10年のことだそうです。したがって、現在でもこのルートには地下導水管があります。

続いて、山口貯水池を建設するときに昭和3年に羽村山口軽便鉄道として線路が敷かれました。しかし、山口貯水池の建設が終わるとこの軽便鉄道は使われなくなりました。

さらに戦時下で米軍が貯水池を攻撃することに備えて、貯水池の補強工事が行われました。この際の運搬用に軽便鉄道は復活をしましたが、工事が完了した昭和19年に工事が終了し、この軽便鉄道は廃線となりました。

多摩川の砂利の採取場は羽村の取水堰、玉川上水の始まりの場所付近だったようです。

そこからインクラインで青梅線を超えるところまで砂利は運ばれて、そこからは軽便鉄道のなべトロに詰め替えられます。

その先には残堀砕石工場という場所があり、砂利が細かく砕かれました。この周辺は野山北公園自転車道となっている部分になります。


また、機関車の車庫も残っていたそうですが、現在は取り壊されています。

基本的には全線単線となっていますが、上り列車と下り列車のすれ違いを行うための列車交換所が5箇所に設置されていました。たくさんの砂利運搬列車が走っていたことがわかります。

また、トンネルは5箇所にありました。現在でも4箇所はトンネルを通り抜けることができますが、山口貯水池に一番近い一箇所は封鎖されています。

蒸気機関車は2台、ガソリン機関車は20台、ディーゼルエンジン機関車は6台ありました。ディーゼルエンジン機関車は当時はとても珍しいもので海外(ドイツ)から輸入して使っていたと紹介されていました。

砂利を運搬するための貨車はナベトロと呼ばれて全部で450両ありました。

現在、武蔵村山市には鉄道がないので、多摩都市モノレールの延伸を働きかけていますが、もしもこの軽便鉄道が鉄道に進化していたら、武蔵村山市から瑞穂を抜けて青梅線までの直通運転ができて交通の便が良くなっていたかもしれません。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク