豊後高田どり酒場で夕食

シェアする


東久留米の東口駅前にある豊後高田どり酒場に行きました。ビルの二階にあります。一階は日高屋でした。

豊後高田どり酒場は鳥貴族と似ているコンセプトのお店で、280円均一、鶏肉料理が中心のお店です。三鷹に本社があるモンテローザの系列でした。

クルマで来た場合もお店の裏手にあるNSパークというところに停めると2時間まで無料になるそうです。


店内は多少、昭和レトロな雰囲気がありますが、豊後高田の昭和の町と比較するとそれほどのレトロ感ではありませんでした。


豊後高田市のふるさと納税をアピールしていました。


メニューをめくって見ました。国産食材100%です。また、鶏肉は自社生産の豊後高田どりを使っています。

こちらは焼き鳥系です。BIG串は看板メニューです。鳥貴族の貴族焼に相当する存在です。

他にも一品料理が多数あります。

鳥のアレンジ料理ということで、もものタタキ、とりわさ、よだれどり等があります。

こちらは鳥の唐揚げのページです。

その他の揚げ物です。

ご飯もののページです。鳥釜飯が看板メニューです。

しめのラーメンもありました。

ドリンクのメニューです。

最初に飲み物と塩ダレキャベツがきました。塩ダレキャベツはおかわり自由です。


そして、鳥釜飯が運ばれてきました。こちらは固形燃料の火が消えてから5分ほど待った後が食べごろになります。

中身をのぞいて見たら、お米が水につかった状態でした。10分弱で湯気が出できます。


続いて、胸ともものBIG串がきました。名前の通りに、大きくて驚きました。


続いて、日曜日から木曜日までだけ注文することができる「ちょい飲みセット」を注文しました。

ドリンクと「鳥わさ」、鳥の煮込みがセットで666円となっていて、200円弱お得になっています。


すると、ドリンクに続いて、鳥わさと鳥煮込みがきました。

こちらが鳥の煮込みです。

こちらが、とりわさです。

鳥ざんまいでお腹がいっぱいになりました。ごちそうさまでした。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク