2代目リーフは航続距離が400Kmに進化

シェアする

日産自動車から9月6日に新型リーフの発表がありました。リーフといえば日産の電気自動車の量産車であり、日産としては最先端にチャレンジしていることをアピールする基幹車種になっています。そんな意味でも今回の発表は初めてのフルモデルチェンジを伴う、かなり力が入ったものになっていました。

現行のリーフは2010年12月に発売されました。すでに、7年が経過しています。この7年間の技術的進歩といえばまず筆頭に挙げられるのはバッテリーになるでしょう。

特に電気自動車では煙が出たり火が出たりすると大変なことになってしまうので、単に大容量化するだけではなくて、安全性の確保も含めて技術開発が行われてきました。

また、スタイリングは初代リーフは先進的なイメージでしたが、2世代目は普通のクルマに近づきました。

さらに走行に必要なモーターがパワーアップしています。初代のリーフは80kwでしたが、2世代目は110kwになりました。また、最大トルクは254Nmから320Nmに向上しています。320Nmというのはガソリン車に例えると3000cc級のクルマと一緒ということですので、かなりのパワーだということがわかります。

ペダルは従来通りにアクセルペダルとブレーキペダルの二種が付いていますが、e−Pedalが搭載されていますので、アクセルペダルだけで発進、スピードアップ、スローダウン、停止保持が可能です。ブレーキペダルは速やかに減速したいタイミングで使う形になります。

運転支援システムはセレナやエクストレイルに投資されたプロパイロットを採用しているほか、駐車支援システムも装備しています。この駐車支援システムはハンドルの操作だけではなくアクセル、ブレーキ、ギアチェンジまでやるのが海外でテスラなどで事例があるものの、日本メーカーでは初になっています。

今回、日産はかなり力を入れてリーフのモデルチェンジを実施しました。売れ行きがどうなるかが気になるところです。電気自動車が普及すれば充電できるスポットもさらに増えると思いますので、電気自動車がさらに使いやすくなると思います。

日産:リーフ [ LEAF ] | 先進技術
日産リーフ【LEAF】の公式サイト。100%電気自動車(EV)。走行中のCO2排出ゼロ、ガソリンをまったく使わない100%電気で動くクルマについてご覧いただけます。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク