検索にガンガンヒットするホームページの作り方

田舎の村と里山

1990年代くらいまではYahoo!のようにポータルサイトのディレクトリ型のエンジンで目的のサイトを探していました。このころはとにかく質の高いホームページを作って、Yahoo!の人に認めてもらい、ディレクトリに登録してもらうことがアクセスアップに向けた最大の目標だったと思います。

スポンサーリンク

ディレクトリ型から全文検索型のエンジンに

しかし、その後はホームページに掲載されている情報をロボットで自動的に読み取って、ほかのページからどの程度のリンクがあるかなどの指標を設けてページにランクをつけて、検索キーワードを入れた時の掲載順位を決めるようなエンジンが主流になってきました。

したがって、せっかくホームページを作っても、なかなか見に来てくれる人がいないことが多々あります。

こんなときに、どうすれば検索エンジンに引っかかって、検索サイト経由で集まってくる人というのは、非常に大きな武器になります。

なぜならば、あるキーワードで絞り込んで来てくれる人達なので、そのホームページの内容に関心がある可能性が高いからです。

人間にとって読みやすく判りやすいページを目指す

ただ、検索エンジンに評価してしまいもらいやすくすることばかりに注力して、人間にとって判りにくいページになったら本末転倒です。最初から人間が見て判りやすいようにページを作るべきだと言われています。

検索エンジンにうまくキーワードがヒットして来てくれた人は、そのホームページのコンテンツに関連性が高いアフィリエイト広告を掲載していた場合、その広告をクリックして貰える可能性も高いということになります。それでは、どうすれば、検索でひっかかりやすくなるのかということになりますが、下記の本にはとても判りやすく丁寧に紹介されているのでお薦めします。

【2012/09/30追記】

記事の内容そのものが大事

この記事を書いた当時は、どちらかというと、検索にひっかかりやすくするためのテクニックがもてはやされていた時期だと思うのですが、2012年になるともはやそのようなテクニックよりも、記事の内容そのものの品質が問われるようになりました。

所詮、良いコンテンツでは無い限りは、そのコンテンツを見に来てくれる人は少なくなります。テクニックで色々なことをするよりは、その労力をコンテンツの中身の向上に力を入れた方が良さそうです。

【2020/08/14追記】

特別なことはせず基本に忠実に

今でもサイトを更新するときには、読む人にとって適切な情報を分かりやすく公開することが大切なのは変わりません。検索結果で上位に表示するためだけに特別なテクニックを使うのは、そのときは良いかもしれませんが、やがて検索順位を大きく落としてしまう要因になる可能性があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました