サイモン&ガーファンクル セントラルパーク・コンサート

 サイモン&ガーファンクルは1960年代に活躍していました。特に映画「卒業」のテーマ曲として使われていた、サウンド・オブ・サイレンスや明日に架ける橋、スカボローフェアなどヒット曲がたくさんあります。
 この、サイモン&ガーファンクルが1981年9月に再結成して、セントラルパークで行ったコンサートの模様を収録したビデオがこのビデオです。本当にセントラルパークが満杯になるくらい、50万人もの人を集めて行われたということもあって、観客のほうを撮った映像を見ると、ひと・ひと・ひとでその迫力には圧倒されます。
 当時、日本でもテレビ局で放映しており、私はその放送を見ました。当時はビデオデッキも家に無くて、記憶に焼き付けていました。やがて、このコンサートを収録した2枚組のLPが出て購入しました。
 また、レーザーディスクでもこの作品を収録したものが発売されましたが、私はレーザーディスクの再生装置を持っていなかったので買うことができませんでした。
 やっとこの作品を購入できたのは、1年ほど前にアメリカ出張したときに、大きなレコード屋で、DVDとしてこの作品が店頭に並んでいて購入しました。とはいっても、しっかりとリージョン1になっていて、見るのにたいへんな苦労をしたのを覚えています。
 そうこうしているうちに、日本版も発売になりました。日本版であれば再生で困ることもありませんので、お薦めできます。

セントラルパーク・コンサート
サイモン&ガーファンクル
Sony Music Direct (2003-12-17)
売り上げランキング: 122,255

コメント

  1. rin より:

    輸入CDが規制の危機にあります—
    今国会で審議されている著作権法の改正がなされたら、輸入CDが規制される可能性があることをご存知でしょうか?
    詳しくはこちら等をご覧下さい。
    http://sound.jp/stop-rev-crlaw/, http://xtc.bz/