住宅公庫の融資金利が3.0%に

マイホーム・不動産

東京ミッドタウン

 住宅金融公庫の融資金利が改定とのことです。改訂後は当初10年間が3%、11年目以降は3.55%ということで、これから公庫融資を借り受ける方には残念なニュースです。新金利の適用は7月16日から8月12日までの申し込みが対象だそうです。

! – ニュース


【2013/07/10追記】

 住宅金融公庫はその後は組織となして無くなり、各民間金融機関等を通じて、フラット35という商品を販売するための「住宅金融支援機構」という組織になりました。独立行政法人となっています。フラット35の金利は金融機関によって若干の差がありますが。たとえば、みずほ銀行で35年の固定金利型商品を借りると、2.22%となっています。

 現在はアベノミクスで景気が上昇するのではないかという期待が高まっており、長期金利も上昇傾向なので、この先はもしかすると住宅ローンの金利にも影響するかもしれません。逆に消費税の値上げがあるかもしれなので、住宅購入にも影響があり景気を悪化させるのではないかという観測もあります。今後の景気の動向は気になるところです。

Related posts

コメント

タイトルとURLをコピーしました