ビクターのDVDレコーダー(DR-MH5)

JVC

 今日、新宿のビックカメラに行ってみると、ビクターのDVDレコーダが4万円台半ばの値段で売られていました。DR-MH5という機種になります。しかも10%ポイント還元なのでかなり安い値段です。その場で出来る限りの情報を収集しましたが、EPG非対応でちょっと型遅れという感じは否めない仕様でした。

 家に帰ってからあれこれこの機種の仕様を確認していると、一つ凄い機能が付いていることが判りました。もしも、チューナー側にビデオマウスの端子が付いているのであれば、ケーブルで本機とつなげてしまうことで、チューナー側と連動した録画ができてしまうそうです。

 最近、CATV会社との契約をデジタル契約に切り替えたので、パイオニアのSTBが届いたのですが、この機種はビデオマウスに相当する機能が付いています。この機種と、DR-MH5を接続すれば、STBの方でEPGを使って録画予約をした地上デジタル放送またはBSデジタル放送に連動して、このDVDレコーダーは録画をしてくれることになります。

 しかし、色々勉強していくうちに大きな問題にぶつかりました。この機種はCPRMへの対応が不十分で、コピーワンスの番組はHDDやDVDに一回の記録はできるものの、HDDに録画したものをDVDへムーブすることができないのです。地上デジタル放送で受信した番組はコピーワンスの信号が入っているので、これではHDDに録画してもDVDに移せなくなってしまいます。この使い方を一番したいのに対応していないということで、この機種を購入するのは見送ることにしました。

ビクター、HDDとDVDに同時録画可能なハイブリッドレコーダ
 最大の特徴は、ゴーストリダクション回路を装備したCATV対応地上アナログチューナを2系統搭載した「ダブルゴーストリダクションチューナ(W-GRT)」と、2系統のエンコーダを搭載したこと。HDDとDVDへの2番組同時録画に対応し、HDDへの録画は最長48時間の連続録画に対応する。

コメント

タイトルとURLをコピーしました