パソコンOSシェアの2位の座

LINUX

 パソコンOSのシェアについて、第二位はマックOSのようですが、Linuxが今年にも2位の座を獲得するという強気の見通しがあるようです。

 サーバーユースではLinuxの方が良いことは判るのですが、ユーザーが直接操作をするクライアントOSという観点でユーザ本意の使いやすさでは、格段にマックOSのほうが上だとは思います。それでもLinuxということは、やはり導入にかかるコストが決め手になるのでしょうか。

 確かにインターネットカフェなどで大量に安価なパソコンが導入されていて、OSとしてはLinuxが稼動しているのも見たことがあります。しかし、パソコンショップに行っても、Linuxがプリインストールされているマシンが少ないのを見ると、やはり本当に2位の座を確保できるのかという面では私自身は疑問に感じる報道でした。

【2013/07/14追記】

 もう少し、家庭用パソコンの分野にもLINUXは進出してくるのではないかと思っていたのですが、意外とそれほど普及しませんでした。パソコンの分野では、やはりマイクロソフトのWindowsが強いです。

 しかし、タブレットパソコンやスマートホンでは、AndroidやiOSが強いです。タブレット端末の売り上げが増えるに伴って、パソコン自体の売り上げにかげりが出ているという報道もありますので、今後のOSのシェアがどう推移していくのか気になるところです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました