土鍋でご飯

土鍋ご飯

今まで電子炊飯器を使ってご飯を炊いていたのですが、最近、ご飯を炊くための2合炊きの土鍋を買いました。

下記のような商品です。鍋の部分はとても厚くて、しかも二重蓋になっています。ご飯に適度な圧力がかかりそうです。

もちろん、電子炊飯器と比較すると保温機能もありませんし、使い勝手では一歩も二歩も落ちます。しかし、最近では土鍋でご飯を炊くのが徐々にブームになっている話しも聞いたので購入してみることにしました。

これでご飯を炊いて貰ったのですが、電子炊飯器とは全く比べものにならないほど、とってもご飯がおいしいです。宣伝によると、「赤外線効果でムラなく食材の芯まで加熱、食材の美味しさを引き出し調理ができます」とのことでした。

ご飯に適度な粘りやこしが出てくるうえ、お焦げもできるので、とっても香ばしいご飯になります。毎晩、これで炊いたご飯を食べるのが楽しみになってきました。

これで炊いたご飯はどんどん食べられてしまうので、一回り太ってしまいそうで怖いです。とても良い買い物でした。

【2017年3月25日追記】

先日、テレビ東京のカンブリア宮殿という経済番組を見ていると、「かまどさん」という土鍋を作っている伊賀焼の窯元「長谷園」というところが紹介されていました。この「かまどさん」という商品こそが、現代において土鍋でご飯を炊くブームを作った火付け役だったようです。阪神淡路大震災でタイルの売り上げが大きく落ち込んだ時に経営がピンチになりました。そのとき、東武百貨店を退職して戻ってきた長男が目をつけたのが父親のアイディアを書き綴ったメモの中にあったご飯を炊くための土鍋だったそうです。

こちらが長谷園の土鍋になります。

 

そんな番組を見ていたら、また土鍋で炊いたご飯を食べたくなったので、昨晩、久しぶりに食べて見ました。やっぱり、炊飯器で炊いたご飯よりもずっと美味しいです。

この記事が気に入ったら、
いいねをお願いします!
日記・ショッピング
このブログをフォローする
臨機応変?

コメント