住宅ローンの金利が安い

最近、長期金利が落ち着いたこともあって、住宅ローンの金利がまた安くなってきたような気がします。たとえば、東京三菱銀行の住宅ローンだと、固定金利10年型が年2.2%、固定金利5年型は1.4%、固定金利3年型が1%を割って年0.95%という金利が掲示されています。この金利には団体信用生命保険も付いています。

去年の6月頃、長期金利が底だったときに、東京三菱から発売された当初10年間が1.9%、その次の20年間が3.2%という商品に比べると少しだけ金利が高いですが、かなり近づいてきた感じがあります。

今後の長期金利の動向がどうなるかが気になるところです。

東京三菱銀行:東京三菱の住宅ローン固定金利3・5・10年型

【2021年4月27日追記】

スポンサーリンク

低金利の継続

こちらの記事を書いたのは今から17年前のことです。結局は振り返ってみると、低金利がずっと継続していました。当時は変動金利を選んでおいた方が結果的には正解だったということになりますが、結果論ではあります。

私自身は三菱UFJ銀行が金利タイプの変更という手続きをしてくれたおかげで、毎月の返済金額は変えずに返済期間を大きく圧縮することができました。また、そのおかげで現時点では住宅ローンの返済がすべて終わりました。こちらでレポートをしています。

借りている住宅ローンの利率が上昇
先日、会社から自宅に帰ってみると、テーブルの上に、親展で東京三菱UFJ銀行からの封書がとどいていました。何の連絡だろうと思いつつ封を開けてみると、中から借りている住宅ローンの利率変更に関する案内が入っていました。 固定金利の住宅ロ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました