「びっくりラーメン」に行ってみた

パレスサイクリング

 今日はびっくりラーメンへ子供を連れて行ってみました。吉祥寺には五日市街道沿いに二つのお店があります。一つは成蹊大学に近いところ、そしてもう一つは五日市街道をもっと西に向かって吉祥寺と西荻窪の中間にあるガードの近くにあるお店です。今回は後者のガードに近いお店の方に行きました。

 この「びっくりらーめん」はラーメンが180円で食べられるというラーメン屋さんで、「ラーメン一番本部」というところが経営しているチェーン店です。いまどき、ちょっと高級なカップラーメンですら200円以上することがありますので、180円という値段はかなり思い切った値段だと思います。

 今回行ったのは夕方の早めの時間だったためか、意外と広いお店の割にはすいています。お店そのものはチェーン店ということもあって結構綺麗な感じです。店員さんは日本人の人もいますが、外国の方もいらっしゃるようです。

 注文はラーメンだけだと寂しいので、ラーメンと餃子のセットを頼みました。350円です。昔、青梅市にあったびっくりラーメンに行ったことがあるのですが、そのときと雰囲気は似ているような気がしました。

 運ばれてきたラーメンも餃子も、何ら普通のラーメン屋さんで出てくるものとかわりはありません。ちょっとチャーシューが小さいかな?と思った程度です。味だって普通に食べることができます。これだけのものが180円というのには本当に「びっくり」してしまいます。

 お店の公式サイトに行ってみると、チェーン店が確実に増えているようですね。こういう価格破壊のお店が全国に増えていくと、飲食業界がどう変わっていくのか、少し興味があります。

随想 吉祥寺の森から:超格安180円 びっくりラーメン

(20070901追記)

 びっくりらーめんが大阪地裁に民事再生法の適用を申請したというニュースが出ていました。負債総額は子会社分を合わせて39億円だそうです。工場の稼働率を上げて原価を下げるためか、相当な勢いでチェーン店の数を増やしていったのですが、人材育成が追いつかずに実際には接客サービスが低下、お客さんが徐々に離れていってしまったというのが朝日新聞の報道などを見ると書かれています。

 なお、びっくりらーめんについては、そのまま吉野家ディー・アンド・シーが支援の表明を行っています。裁判所により、営業権の譲渡が認められた店舗については従来と同様に営業を続けることができるかもしれません。

この記事が気に入ったら、
いいねをお願いします!
日記・ショッピング
このブログをフォローする
臨機応変?

コメント