空梅雨と光化学スモッグ

 今日は会社で仕事をしていたので気がつかなかったのですが、多摩地区を中心に光化学スモック注意報が出ていたそうです。

 光化学スモックの毒性が最近強まっているという情報が下記のブログにありました。

東京で光化学スモッグ注意報 | ネット収入で生活!

 これは怖いと思い、色々なサイトで情報を探してみました。


 すると、こちらのページでは昭和45年から毎年の被害者数と発令日数の統計が載っていました。

 これによると、昭和46年は3万人の被害者、そして発令日数が33日間なのに対して、平成15年は被害者数が12人、そして発令日数が8人とかなり改善しています。

 私はこどものときから、今住んでいる場所で暮らしていましたが、子どものときは光化学スモック注意報が出ると、本当に喉がいたくなって怖いな~と思っていましたが、今日の子どもの様子を聞くと、特に体調の悪化は無かったようです。

 このへんの体験から考えても、どちらかというと昔よりも改善しているように見えます。

 この統計数値を見ると、環境浄化の取り組みのおかげで、だんだん被害が減ってきているように見えます。毒性が強まっているという情報とこの統計情報をどう関連付ければ良いのか難しいところです。

広域大気汚染―そのメカニズムから植物への影響まで
4785386991若松 伸司 篠崎 光夫

裳華房 2001-09
売り上げランキング : 195,133

Amazonで詳しく見る by G-Tools

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
日記・ショッピング
このブログをフォローする
臨機応変?

コメント

  1. 今日も光化学スモック注意報

     最近、光化学スモック注意報が発令される日が多いのではないかという気がします。昨日は中秋の名月を見たばっかりですっかり気持ちは秋気分になっていたのに、今日も朝か…