天国の本屋「恋火」

天国の本屋-恋火 [DVD]

 最近、邦画に相変わらずはまっているのですが、「いま、会いにゆきます」の竹内結子つながりで、天国の本屋「恋火」を見ました。
 生きているのに天国に連れて行かれた経緯はよく判りませんでしたが、丁寧にストーリーが描かれている映画だなというのが見終わった後の印象です。
 amazonの公式のレビューには「今ひとつ話の焦点が絞り切れていないきらいはあるものの、」などと書かれてしまっていますが、私自身はそんな印象は特に持ちませんでした。


 天国の表現は「天国らしさ」というものをあまり表面に出してはいないのですが、何となく天国ってこういうところなのかなと妙な気分にさせてもらえます。北海道でロケをしたこともあってとてものびのびとした良い天国だと思いました。
 でも不思議なのは、ラストのシーンで原っぱにグランドピアノが置いてあったのか?は気になってしまいます。そもそも、天国に行って帰ってくる話しなので、リアリティを追求してはいけない話しだということは判っているのですが、それにしてもちょっと不思議な感じがしました。
 今度は竹内結子つながりで「星に願いを」を見ます。

天国の本屋 ~恋火
B0001X9D8G竹内結子 松久淳 田中渉

おすすめ平均
starsすっごくいいですよ!
starsう~ん・・・残念
stars愛することの素晴らしさを描く
stars心に響く映画
starsゆったりとした空間。

Amazonで詳しく見る by G-Tools

ちちん★ぷいぷい★: いま あいにゆきます&天国の本屋
この記事が気に入ったら、
いいねをお願いします!
映画・音楽
このブログをフォローする
臨機応変?

コメント