懐かしいテレビ放送が見られます 【フレッツスクエア】

テレビ番組・ドラマ

昭和のテレビ

 今日久しぶりにNTTのフレッツスクエアに行ってみると、懐かしいテレビ放送の動画を公開していました。普段はテレビで見られないような貴重な映像がたくさんあります。最初に見たのが、NHK教育で放送していた「はたらくおじさん」です。


 この番組は「タンちゃん」という子どもと「ペロちゃん」という犬が気球にのって、働いているおじさんのところへ行ってレポートするという番組でした。子どものころによく見ていました。1961年から1981年の20年間の放映です。

 ほかには「できるかな」、ノッポさんとゴン太くんが出てきて、色々な工作をします。この番組も1970年から1990年まで、この番組も20年間の放送でした。1990年の最終回では、普段は一言も喋らないノッポさんが始めて喋ります。その喋る内容は次回からの番組の宣伝だったのですね・・・。

 さらに他にも、NHKニュースで1953年に放送されたNHKに残る最古のニュース映像というものもあります。水陸両用自動車の紹介なので、当然、車は水の上を浮いてスイスイと動いてくれるのだろうと期待してみていると、車は川底の上を走っていき、運転手さんはずぶ濡れになって、しまいには車は動かなくなってしまうという映像でした。そのあとで、運転手さんは全裸でたき火にあたって暖をとるという内容で、こんなニュース映像が残っていていいのだろうかという感じでした。

 フレッツスクエアはNTTのフレッツシリーズに契約している人だけが見ることができるサイトです。BフレッツやフレッツADSLに加入されている方はこの機会にご覧になってみてはいかがでしょうか。

   ★懐かしTVマニアックス NHK篇

コメント