汐留と浜離宮

浜離宮

 日の出桟橋を出た水上バスから外を見ていると、まもなく左手に浜離宮が見えてきます。以前も水上バスに乗ったことがあるのですが、そのときと比べると、浜離宮の後ろ側にビルが増えたことに驚かされます。

 このビル群、きっと汐留ですよね。汐留自体にも何回か行ったことはありますが、いつも新橋駅の地下から目的のビルへ行くだけだったので、外から見るとこんなに凄いことになっているとは思いませんでした。

 浜離宮は日の出桟橋から浅草に向かう水上バスはとまりません。逆に浅草から日の出桟橋に向かう船は、途中の浜離宮の桟橋へ着岸するようです。

 浜離宮を過ぎると、今度は中央卸売市場が見えてきます。中央卸売市場を過ぎると、いよいよ各種の橋の下をくぐって船は走っていきます。橋は通常は上を通りますが、船から見上げるというのは非日常的な光景でとてもおもしろいです。また、橋の下には水道管などが複雑に通っていて、「あ、こんな風になっているんだ」と感じることもありました。

 船に乗る前に日の出桟橋の待合所にあるパンフレットをいくつか貰ってきていました。このパンフレットの中には橋の案内や沿岸の案内などいくつかの種類があります。特に橋の案内については、持っていると良いと思います。

この記事が気に入ったら、
いいねをお願いします!
日記・ショッピング
このブログをフォローする
臨機応変?

コメント