ナチュラルインプットってなに?

キーボード

 会社でマイクロソフトオフィス2003をインストールしたところ、日本語の入力環境がいつもと変わってしまったみたいです。言語バーのところを見ていると、マイクロソフトナチュラルインプットという見慣れない日本語入力システムが選択されています。

従来のMS-IMEであれば、使い慣れたATOKの操作性を継承することができるのですが、このナチュラルインプットについてはプロパティを見てもそのような選択肢は無いようです。

よく判らないまま、従来のMS-IMEを有効にしてナチュラルインプットは使わないようにしていました。そのまま、ナチュラルインプットのことは忘れていたのですが、オールアバウトに言語バーの使い方というガイド記事が掲載されていました。

言語バーの使い方 – [Wordの使い方]All About


 この記事によれば、ナチュラルインプットはWord2002から用意された機能で、初心者に優しい操作性が特徴だそうです。でも私の指はATOKに慣れてしまっているので、ナチュラルインプットは必要ありません。

また、この機能はWord2002とWord2003でしか有効にならないそうです。とすると、他のソフトで日本語入力をするときには従来のIMEスタンダードに支配されるわけで、利用者は2種類の入力方式を理解しなければいけなくなります。今は移行期間なのだとは思いますが、マイクロソフトの狙いが今ひとつよく判らないのも事実です。

 本当は会社でもATOKを使用したいのですが、会社ではライセンスを購入していないので使用することができません。家でATOKを使っていると、本当に指に馴染んで自分が思っているとおりの漢字がサクサクと変換されていき、小気味いいくらいです。この使用感、さすがジャストシステムという感じがします。会社でも一太郎を購入して貰って、日本語入力環境をATOKで統一する方向にします。

コメント