ソニーの決算発表 増収増益 しかし今期予想は・・・

sony

 ソニーの決算発表が先週の木曜日にありました。

 2006年3月期は薄型テレビのBRAVIA(ブラビア)が好調だったこともあり、売上高が前期比4.4%増の7兆4754億円、営業利益が1月に修正された予想の1000億円を大幅に上回る1912億円と増収増益でした。

 テレビの売れ行きとか経営陣の発言などから、この程度の好調な業績発表になることは予想していたので、株を手放さずに持っていました。そして運命の先週の金曜日を迎えたところ、あっけなく5.14%も株価が下落してしまいました。


 何が投資家心理を冷ましてしまったかというと、2007年3月期の業績予想があまりにも低かったためです。売上高は8兆2000億円、そして営業利益は大幅減益の1000億円と予想しています。

 利益を圧迫する理由はプレイステーション3の生産コストが当初は高くつくため、ゲーム事業で1000億円もの赤字を見込んでいます。

 この数字、ある意味では非常に積極的な数字でもあります。現在はまだブルーレイディスクに対応したプレーヤーの値段は10万円程度してしまいますが、これではプレーステーション3は高くて売れません。たぶん、5万円前後の値段まで値段を下げないと普及は厳しいでしょう。

 ソニーもブルーレイディスクプレーヤーの量産によるコスト削減に今後も取り組み続けるものと思いますが、販売を予定している今年の秋までに利益が出るまでの銭までコストを削減できないと見込んでいるのではないかと思います。

 しかし、プレイステーション3はお買い得な値段で発売されて普及が進めば、確実に量産効果が出て、生産コストは安くなっていくはずです。従って、明るい将来がひらけているのではないかと私はソニーに期待をかけています。BRAVIA、プレイステーション3ともう一つ収益の柱が欲しいところです。

コメント