国産旅客機YS11の引退

国産旅客機YS11

 YS11は国産旅客機としてはあまりにも有名な飛行機ですが、まだこの飛行機は現役で飛んでいたのですね。鹿児島県に本社がある日本エアコミューターという会社で運航されているそうです。

 そのYS11もこの9月には定期路線から引退してしまうそうです。この引退を機に、引退するYS11の遊覧飛行や機体見学を行うツアーが日本エアコミューターにより鹿児島県で行われます。


 YS11を使ったイベントとしては、

・約50分の遊覧飛行
・格納庫での機体見学、撮影会
・運航乗務員や客室乗務員、整備士らとの対話
・懇親会

 などがあります。また、既に定期運航から退いてしまっている離島各線で夏の繁忙期に限ってYS11が投入されるそうです。

 運航されるのは鹿児島と屋久島を結ぶ路線で7月14、15、17日、そして鹿児島と沖永良部を結ぶ路線では8月11~20日で1日1往復だけ運航される予定です。予約にあたってはYS11が運航される時間などをよく確認した方が良いかと思います。

 実はこれだけ有名なYS11ですが私は乗った記憶がありません。そもそも、国内を移動するときは鉄道を使用することが多くて、飛行機をほとんど使っていなかったためです。唯一、プロペラ機に乗った経験としては、新潟から佐渡まで乗った気がするのですが、もっと小さな飛行機だったような気がします。名機と言われるYS11に一度も乗ったことがないまま引退してしまうのは非常に残念です。

 申し込みまたは問い合わせはJALセールス九州鹿児島支店になります。 099・227・9560

 日本エアコミューター(JAC)の公式サイトへ行ってみると、YS11搭乗時のお願いという掲示がありました。下記の注意事項が書かれています。

さて、YS-11型機へのご搭乗の際のお願いですが、離着陸時における電気、電子機器の使用は、航空機の安全に影響を及ぼす恐れがありますので、ビデオカメラやデジタルカメラ等のご使用はご遠慮ください。
また、ご搭乗・ご降機の際の機体周辺での写真撮影につきましては、お客様ご自身の安全確保並びに便の定時性の為に、場合によっては係員がお止め頂くよう声をお掛けすることもありますので、ご理解とご協力をお願い致します。
なお、機内におきましては、客室乗務員は保安業務を優先させて頂いておりますので、状況によりましては皆様のご要望にお応えできない場合もあります。何卒ご了承ください。
皆様方のYS-11型機へのご搭乗を社員一同心よりお待ち申し上げております。

 やはりYS11が引退することを惜しんで、電子機器を持ち込んで録音、録画しようというお客さんの数が多いのでしょう。YS11を使用する際には注意してください。

(2006/09/30追記)

 最近になってこのエントリーへのアクセス件数が増えているなと思っていると、今日がYS11の最後の日だったのですね。日本エアコミューター(JAC、鹿児島県)の沖永良部―鹿児島便で今日最後の運行をするそうです。1962年の8月30日に試作1号機が名古屋空港を離陸して以来、40年以上にわたって色々な定期便で使用されてきたYS11が今日で最後になります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました