プーさんのハニーハント

 東京ディズニーランドの人気アトラクションに乗ってきました。今日の東京ディズニーランドは朝9時開園です。9時少し前にパークについて、20分くらいかけて園内に入ることが出来ました。

 最初にプーさんのハニーハントに行ってファストパスを貰うための列に並びました。ここがかなりの列です。15分くらい並んだように思います。

 並んでいる最中に列を抜けてトイレに行ったのですが、そのとき、プーさんのハニーハントの入り口を見てみると、待ち時間が20分と表示されています。プーさんのハニーハントに乗りたい人がファストパスの列に殺到したために、逆にファストパスを使わずに乗る列は短かったのかもしれません。今日のようにパークがすいている日には、ファストパスの列に並ぶのか、直接、ハニーハントの中に入るのかよく考えた方が良かったのかもしれません。

 また、列に戻るためにハニーハントの前を通ると、今度は待ち時間が30分になっていました。僅か数分しか経っていなかったと思うのですが、ドンドン混んでいってしまうようです。結局、そのままファストパスの列に並んで、ファストパスを手に入れました。ファストパスを手に入れるとその横ではハニー味のポップコーンも売っていたので、これも購入です。

 そしてクリッターカントリーなどに行って時間をつぶしていると、ファストパスの時間が近づいてきたので、またハニーハントの場所に来てファストパスエントランスから中に入りました。


 ファストパスエントランスから中に入っていくと小さな庭があったので、そこで写真を1枚撮っておきました。

0114%20033.jpg

 そこから暫く歩くと、すぐに館内に入ります。そこからは絵本の世界になります。

0114%20040.jpg

 全部、英語なのはつらいですが、そのまま列に並びながら、これらを見ていると、やがてライドへの乗り場になりました。ライドは前に2人、後ろには3人が乗ることが出来ます。

 ここからは不思議な動きをするライドとともにしばらくの冒険旅行です。なぜライドがこんな動きをするのか、何回乗っても不思議です。ライドは3台が一組で走るのですが、途中ではまったくバラバラに動いたり、別のところではどっからともなく現れたキャラクターが乗ったライドと一緒に動いていたり、順番が入れ替わってしまったりととても不思議な乗り物です。このライドが一体何を動力源にして動いているのかさえ、今回も知ることができませんでした。

 ということで家に帰っても気になるのでネットで調べてみると、教えてgooにその答えは書いてありました。

 ★教えて!goo プーさんのハニーハントの仕組み

 無線電波を使ったGPSシステムで自分の位置を測定しつつ進路を決めているほか、動力は電気を使っていると書かれています。でも、あのライドを見ていても、どこで充電しているのか不思議でなりません。

コメント

  1. 東京ディズニーランドに行ってきた(閑散期の日曜日)

     今日は東京ディズニーランドへ行ってきました。オリエンタルランドから貰った株主優…