和田堀公園の釣り堀「武蔵野園」に行った

日記・ショッピング

 今日はゴールデンウイーク後半の1日目です。朝からとても良い天気だったので、出かけてみました。和田堀公園の釣り堀に子どもを連れて行くつもりです。

 まずは井の頭公園を通り抜けて吉祥寺駅に行こうと思ったのですが、井の頭公園池の橋を渡っている途中で、どうしてもボートに乗りたいと子どもが我が儘を言い始めて、結局、1時間、ボートに乗ることにしました。ペダルボート、スワンボートは30分、手こぎのローボートは1時間乗ることができます。私はローボートが昔から好きなので、今回もローボートを選びました。

 池にはたくさんのボートが浮かんでいます。真っ直ぐと進んでいくのは難しい感じです。

井の頭公園池のボート

 それでも何とか、ボート乗り場から池を奥へ奥へと進んでいって、池の一番奥まで行きました。ここは神田川が始まるところでもあります。

神田川の始まるところ.JPG


 ボートを1時間こいだ後、吉祥寺駅へと向かいます。しかし、今度は丸井の横のクレープ屋さんで子どもが立ち止まってしまいました。今度はクレープが食べたいと我が儘を言っています。でも私も食べたかったのでそのままクレープを2つ買ってベンチに座って食べました。

吉祥寺 丸井横のクレープ屋さん

 このクレープ屋さんは、結構、色々な種類のクレープが扱われているので、どれを選ぼうか迷ってしまいます。

クレープ屋さんのメニュー

 クレープを食べ終わったところで、今度は中央線の各駅停車に乗って高円寺へと向かいます。なぜか途中の駅のホーム先頭にはカメラを構えた人がたくさん立っていました。今日は何か特別な列車が運転されたのでしょうか。

 そうこうしているうちに高円寺駅に到着、下車してからお好み焼きチェーン店の道とん堀に行き、お昼ご飯を食べました。こちらのレポートはこちら(お好み焼き「道頓堀(道とん堀)」に行った)にまとめてあります。

 そしてブラブラと歩きながら和田堀公園に向かいました。まずは商店街のパルをまっすぐに南に向かし、青梅街道にぶつかって更に南、そして五日市街道沿いに少し西へ向かいという感じで、かなりいい加減に歩いていったのですが、うまい具合に武蔵野園の付近に着きました。結構な時間、歩いたような気がします。釣りをするのはもう数年ぶりかもしれません。

武蔵野園

 釣り堀を利用するには、何時間つりをするかをまず決めて、窓口のおじさんに伝えると、お金と引き替えに終了時間が書かれた紙と餌をくれます。たぶん、子どもはすぐに飽きると思ったので今回は1時間でお願いしました。そして、釣り竿のコーナーで釣り竿を借りれば準備OKです。あとは雑魚のコーナーか鯉のコーナーを選んで適当な席に座り、釣り開始です。

釣り堀

 でも、私たちはなかなか魚がつれないです。周りの人の様子を見ていると、決まった人は結構たくさんの魚を釣り上げていました。常連の方でしょうか。同じ釣り竿、同じ餌を使っているはずなのですが、どんどん釣れるので、ちょっとうらやましかったです。残念ながら1時間の間には、結局、私たちは1匹も連れませんでした。

 この辺でもう3時過ぎくらいになっていたので、ブラブラと善福寺川沿いを歩きつつ、近くの駅に行くことにします。一番近いのは井の頭線の西永福か浜田山のようなのですが、浜田山の駅へ行きました。もしかすると、浜田山の駅の外に出るのはこれが初めてだったかもしれません。小さな駅のようだったので、駅のまわりにはあまりお店は無いのかなと思っていたのですが、意外と色々なお店があって良い感じの駅前でした。

 今日のコースは子どもも喜んでくれたので、なかなかおもしろいコースだったと思います。

【2016/05/12追記】

たまたま、テレビ東京系列で放送されている「孤独のグルメ」を見ていると、主役の井の頭五郎(松重豊)が永福町駅を訪れ、この武蔵野園に寄りました。700円で1時間の釣り堀を楽しんでいる途中、急にお腹がすき始めて、武蔵野園2階の食堂に立ち寄ります。そこで、焼きうどん、親子丼、お汁粉を食べました。まるで海の家のような癒しを感じるお店です。

Related posts

コメント