丸ノ内線とホームドア ☆中央線にはなぜつかない?

 先日、霞ヶ関に行く用事があったので四ッ谷駅から地下鉄丸ノ内線に乗ったのですが、ホームドアが設置されていました。

 ホームドアはホームから線路へ人が落下するのを防ぐための柵で、電車がホームに止まると、ドアの部分だけが連動して開くようになっています。従来は、最近出来たワンマン(運転手だけで車掌さんがいない列車)で運転されている路線にホームドアが採用されることが多かったと思うのですが、丸ノ内線のようにずいぶん昔に出来た地下鉄の路線でも採用されるようになったのかと意外に感じました。

“ホームドア"

 調べてみると、地下鉄丸ノ内線は2007年度中にワンマン化をする方向で、これに先駆けて、ホームドアを設置したようです。

 驚いたのはすでに本番運転している路線でホームドアを設置していくということ自体がこんなに順調に進められるのかということです。電車がずっと運転している状態では、ホームドアの設置自体、かなり難しいのかと思っていました。


 ホームドアが付いていると、ホームで待っている乗客はやはり安心です。統計があるのか否か判りませんが、やはりホームドアが付いている方が圧倒的にホームからの転落事故は少ないのではないでしょうか。

ホームドア

 とすれば、ドンドン、ホームドアを設置していってもらえると良いと思うのですが、あまりJR東日本はホームドアの設置に向けては積極的に対応しているようには見えません。昔は必ず、各ホームには駅員さんがいたと思うのですが、最近ではホームに駅員さんがいない時間帯も増えてきてしまいました。乗客の安全をこれほど軽視しても良いのかととても疑問に思います。

 特にJR中央線では人身事故がとても多く列車の運行遅延が度々発生するので、ホームドアの設置には大きな効果があると思います。そんな中央線でもホームドアが設置される気配はまったくありません。

 ネットで中央線にはなぜホームドアが付かないのかを調べてみたのですが、中央線の電車が止まるだけではなく、特急「あずさ」や「かいじ」も止まるため、ドアの位置があわせられないため設置できないという情報もありましたが、それならば、特急が止まらない駅だけでもホームドアが設置できるはずです。ぜひ、JR東日本には前向きにホームドアの設置を検討して欲しいところです。

コメント

  1. 匿名 より:

    中央線にホームドアが付かない理由は特急などでドアの位置がずれるからではありません。ホームドアがある路線の殆どではATOと呼ばれるスイッチを押すと出発から停車まで自動で列車が動くシステム、またはTASCという自動で列車を正しい停止位置に止めるシステムを利用しています。今回ホームドアが付いた丸ノ内線と銀座線ではホームの長さが短くまた過密運転を行っているためTASCを用いて停止位置に正確に列車を止めています。ですが、中央線の場合はそのような装置は無く、運転士による手動ブレーキで列車を止めています。どうしても人間と機械では停止位置に正確に止める精度が落ちてしまいますからホームドアからずれてしまうと修正を行わないといけません。ましてやJR一の過密路線である中央線ですから一回の修正でたちまちダイヤが乱れてしまいます。このような理由で中央線には未だにホームドアが導入されていません。ではなぜ中央線にはTASCなどが導入されないのか?そこまでは解りません・・・