楽天証券のマーケットスピードがバージョンアップ

金融・株・トレード

東証

 楽天証券から提供されているマーケットスピードですが、6月23日付でバージョンアップしました。

 このマーケットスピードは楽天証券の会員ではなくてもパソコンにインストールまでは出来ますが、ログインするためには楽天証券に口座を持っている必要があります。

 また、楽天証券で手数料が発生する取引をしていないと、このマーケットスピードの使用料金が有料になってしまいますので注意が必要です。

 楽天証券でそれなりの頻度で株の売買をしている場合には、マーケットスピードも無償で使い続けることができます。

 このマーケットスピードについてはとても使いやすいソフトで、株価の推移のトレンドをつかんだり、株の売買注文したり、お買い得な株を見つけたり、企業のニュースを見たかったりといった場合に、各画面が連携して動いてくれるので、非常に便利なソフトです。

 今では自宅で株式の売買注文を出すときには私にとっては手放せないツールになってしまいました。


 今回のバージョンアップでは下記の点が機能追加されています。

「マーケットスピード」バージョン6.11の新機能
(1)新商品「ニアピンワラント」の追加
「カバードワラント」に新たに「ニアピンeワラント」が追加されます。画面左上の赤字のプルダウンから「カバードワラント」を選択して、銘柄検索で「ニアピン」と検索してください。
(2)「マイページオリジナルテンプレート機能」の操作性向上
ローカルメニュー上からしか開くことのできなかった「マイページテンプレート機能」を様々な場所から簡単に開くことができるようになりました。
(3)「ウェブダイレクトログイン」のメニュー追加
マーケットスピードVer6.1から追加されました「ウェブ取引ダイレクトログイン」に、お取引以外のメニューを追加しました。ご要望の多い、口座情報や勉強会申込などの便利なメニューが追加されました。

 ダウンロードページはこちらです。

 楽天証券での口座開設はこちらからどうぞ。

Related posts

コメント