BUFFALOの外付け型USBハードディスクで容量増強 HD-HC250U2

HD-HC250U2

 先日、ヨドバシカメラの吉祥寺店がグランドオープンしたので、早速お店に行ってきたとき、地下一階のパソコン周辺機器コーナーの通路沿いワゴンにBUFFALOの外付け型ハードディスクドライブがたくさん山積みになっていました。

 その中でも250GBのHD-HC250U2という商品がタイムセール扱いで6980円で投げ売りされています。最初見たときは20箱くらいあった商品も飛ぶように売れていってしまい、残り10を割ったあたりで、ついつい商品を手で持ってしまいました。

 すでにうちには外付け型のハードディスクドライブについては2台あるので、もうこれ以上は、どう考えても必要ありません。でも、6980円というと、外付けのハードディスクケースだけを買ったとしても何だかお得な感じがしてきます。しかも、BUFFALO社の製品に限り、20%のポイント還元キャンペーンを実施していたため、1400ポイント近くがゴールドポイントカードに還元されます。

 このケース、ヒートシンクボディということで冷却には気をつかっているようです。また、必要であればオプションで冷却ファンも売られているようです。そのまま、商品を手に持ってレジに向かってしまいました。

 家に買ってから同じ商品を楽天市場で探してみると、一番安いお店でも1万5000円程度の値段が付いています。

 やはり相当、値段は安かったのではないかと思います。しかし、何に使うか全く用途が思いつきません。用途が思いつかなければ商品を箱から出しても仕方がないので、そのまま箱の中にしまったままの状態になっています。

 もしかすると、以前やっていた自宅サーバーを再度、立ち上げても良いような気がしてきました。以前は自宅サーバーを運営している経費(電気代)を考えると、レンタルサーバーを借りた方が安くなってしまったので、今ではもう自宅サーバーをやめてしまいました。

 しかし、レンタルサーバーから借りているホームページスペースが最近になって足りなくなってきてしまったのですが、すでに個人で借りるホームページ容量としては最大容量のスペースを借りているので、これ以上のホームページスペースを入手しようとすると、とんでもなく高額になってしまいます。これならば、たとえ電気代がかかっても自宅サーバーを復活させれば数百GBのホームページスペースが一気に手に入れられます。このときに、このハードディスクを転用すれば、かなり活用できそうな気がします。

 もう一つ考えられるのは、動画録画用のサーバーを立ち上げて、このハードディスクに動画を撮り貯めていくという作戦です。MS-6157という古いパソコンにCANOPUSのMTV2000をセットしたのですが、このパソコンにこのハードディスクを接続して動画録画をすることも考えられます。

 この辺の案を軸に、今回購入したハードディスクの使い道を考えていこうと思います。

この記事が気に入ったら、
いいねをお願いします!
コンピューター
このブログをフォローする
臨機応変?

コメント