Googleの書籍検索サービスが始まった 【Googleブック検索】

本-書籍

■グーグルでブック検索サービスの日本語版が始まった

 Googleでブック検索サービス(Google ブック検索)が始まりました。さっそく使ってみました。

 検索キーワードを入れる画面については、通常のグーグル検索と同じように非常にシンプルな画面です。ここに書籍の中に収録されているであろうキーワードを指定すると、そのキーワードを持つ書籍が一覧になって表示されます。しかもこの一覧には本の表紙のイメージ画像まで表示されているので、非常に目的の本を探しやすいところがGoodです。

■検索結果の表示

 検索結果の表示については、下記の3種類から選ぶことができます。

(1)すべての書籍を検索
(2)部分プレビューの書籍を検索
(3)全文表示の書籍を検索

 最初の「全ての書籍を検索」というのは、本文の内容が一切公開されてない本も含めて検索の結果に含めるというオプションです。この検索をしたときがもっとも多くの種類の本がヒットします。2番目の部分プレビューの書籍というのは、本の中のページのうち一部のページだけがネット上で公開されている本が検索結果にヒットします。検索結果にはタイトルの横に「XXページ」というページ数が表示されているのですが、このページ数がプレビューすることができるページ数なのでしょう。


■本のプレビュー機能

 実際にプレビュー機能も使ってみます。ブラウザの中にPDFビューワーみたいなものが表示されます。ちょうど、本屋さんに並べられている本を立ち読みするのと近い感覚なのかもしれません。このビューワーを使った本の購読は決して読みやすいものではありません。本の上と下が欠けてしまうので、縦書きの本の場合には頻繁に画面をスクロールしながら読まなければいけません。これはパソコンの画面サイズから来る問題なので仕方がありません。もっと大画面で解像度の高いモニターを使用していれば頻繁なスクロールは回避できるのだと思います。

■ためになる本

 色々と本を検索してみると、部分プレビューのところだけを読んでいっても、かなり有意義な情報を仕入れることができることが判ります。たとえば、ブログの書き方を勉強したいと思い、「ブログ」というキーワードで検索をしてみます。すると下記のような本がヒットしました。

 ★とっておきの秘技 もっと人とお金が集まるブログ … – Google ブック検索

 この本は部分プレビューとはいえ、224ページもの情報を読むことができます。ずいぶん、色々なことが勉強できました。

 他にもグーグル検索のことを調べようとすると下記の本がヒットしました。つい最近まで書店に並んでいたような気がします。

 ★とっておきの秘技 Google検索の秘伝書 – Google ブック検索

 この本は228ページも公開されています。AMAZONで同じ本を探してみると、まだ売られていました。レビューを見てみると本としての評判もとても良いことがわかります。

 このグーグルのブック検索、非常に使える機能だと思います。従来は絶版となってしまった本は、もうなかなか読むことができませんでしたが、このような形で公開されていけば、みんなが内容を見ることが出来るようになります。今後、さらにプレビューを載せる出版社が増えていくのではないかと思います。

この記事が気に入ったら、
いいねをお願いします!
インターネット
このブログをフォローする
臨機応変?

コメント