炭酸ガスボンベ(みどボン)の中身がなくなった

炭酸ガス

 水槽の水草育成用に証明を点灯している時間帯には二酸化炭素を添加しています。この二酸化炭素の添加については、ADAのSOLAR-1という照明(メタハラ)の電源と連動し電磁弁という装置が自動的に添加開始、終了を制御してくれてます。この電磁弁の購入は普通のアクアリウムショップで購入するよりもGreensという通販ショップで購入するのがお得です。

  ★水草用品通販専門店「GREENS」

 二酸化炭素の添加には色々な方法があるのですが大型水槽で水草をたくさん育てたいときには、5Kg程度の容量の大型炭酸ガスボンベを使用する方法が一般的になってきました。二酸化炭素の大型ボンベは緑色に塗られています。従ってアクアリストの間では「みどボン」の愛称で呼ばれています。

 以前は大型ボンベ(ミドボン)を一般家庭で入手するのは非常に難したかったのですが、アクアリストの努力によって酒屋さん経由で入手するルートが開拓されて、非常に手軽にかつ安価に入手できるようになっています。とは言っても、酒屋さんで貸してくれる炭酸ガスボンベは生ビールのためのものなので、アクアリウムで使うのは目的外使用になってしまいます。酒屋さんに用途をきちんと話して、許可してくれる酒屋さんから借りるのが良いと思います。

 そんな二酸化炭素を添加している水槽に最近になってから変化が現れました。パールグラスなどの光合成を激しく行うような水草の元気がなく、反対にミクロソリウムやクリプトコリネといった水草が元気に増えています。水槽の水は先日の掃除によって綺麗になっているのですが、何かがおかしいです。

 そういえば、二酸化炭素の添加があまりにも順調に行われていたため、二酸化炭素の泡がどの程度のスピードで水槽内に添加されているかをカウントするためのバブルカウンターの中の水がなくなってしまっていたのですが、これを補充していませんでした。二酸化炭素の添加量を確認するために、このバブルカウンターの中に水を入れたときに異変に気がつきました。二酸化炭素が一滴も添加されていません。どうも、ボンベが空になってしまったようです。

 水槽の下の台の中に入っている二酸化炭素ガスボンベを取り出して、ボンベに付属している残量計を確認してみると、確かに残量がゼロをさしていました。これではパールグラスの元気がなくても当然です。


 ということで、電話でいつもの酒屋さんに注文することにしました。この酒屋さんはチェーン店で、前回もこちらの酒屋さんで炭酸ガスボンベを準備してもらいました。

 前回の交換のときにも記事を書いていたはずなので探してみると、2006年の5月(炭酸ガスボンベ(ミドボン)の交換)です。ということは、5Kgのボンベが1年と3ヶ月で空になったことになります。少々、空になるスピードが速いような気もしますが、こんなものなのでしょうか。

 今回はオペレーションセンターに電話をして、こちらの電話番号を告げると、すでにあちらのシステムに登録がされているようで、こちらの住所と名前はあちらから確認されました。

 もう時間は夜の8時頃だったのですが、快く当日中の配達を約束してくれて、夜8時から10時の間に配達してくれるといいます。世の中、本当に便利になったものです。

 今回も古い空になった「みどぼん」を返却するので、2310円でフル充填済みの炭酸ガスボンベが手にはいることになります。数年前までは1本500円くらいする72グラムの炭酸ガスボンベを3週間ごとに交換していたのですが、この当時と比較すると、本当にコストパフォーマンスがよくなったと思います。

 ガスボンベは夜9時前にオートバイで運んできてくれました。空のボンベも引き取って貰い、さっそく120cm水槽への炭酸ガス添加を再開しました。

★ミドボンのアレコレ

 酒屋さんから借りた大型ボンベが不要になり近所に預かってくれるような酒屋さんも無いような場合は、ボンベにプリントされているメーカーのお客様サービスセンターに連絡をすると、直接自宅まで取りに来てくれたそうです。

  →「みどボン」処分 –  特許屋 の    ピン!ノート – 楽天ブログ(Blog)

 近所の酒屋さんとの交渉の模様が書かれています。参考になります。

  →みどボン! – みずのあるくらし – Yahoo!ブログみどボン! – みずのあるくらし – Yahoo!ブログ

 酒屋さんと交渉するときには若い店員さんのいるお店がいいようです。

  →みどボン交換 – いまっちゃんのアクアリウム~水草水槽奮闘記~ – Yahoo!ブログ

 酒屋さんを諦めてアクアリウムショップで購入したレポートです。

  →リアクターが~!! – 奥さ~ん ヒッヒッヒ アクアですよ!! – 楽天ブログ(Blog)

 ミドボンの中身が配管からのガス漏れが原因で3ヶ月でなくなってしまったそうです。

  →ミ、ミドボンがぁぁぁぁぁ – 癒しのアクアガーデニング – Yahoo!ブログ

コメント

  1. 5Kgのみどボン(炭酸ガスボンベ)が空になった

    Photo by d’n’c  水草をたくさん入れた水槽では光をあてると水草が光合成を行い、水槽の中は二酸化炭素が不足した状態になります。この状況では水草…