Windows Vista SP1の配布

vista

 Windows Vistaのサービスパック1の配布が始まる時期が近づいています。このSP1については単にバグフィックスが行われるだけではなく、新機能も追加されます。たとえば、FAT32形式のフォーマットで現在は32GBまでしかフォーマットできません。

 これは32GBを超える容量ではNTFSフォーマットの使用を前提にした制限なのですが、最近になってメモリカードの容量が物凄い勢いで増えてきました。このまま増えていけば32GB以上の容量を持つメモリカードが出現するのも時間の問題になってきましたので、この機能拡張を実施することになったようです。

 また、FAT32ではその中に作る最大のファイルの大きさは4GBまでに制限されています。この容量制限についても新しいexFATでは拡張されます。しかし、このexFATフォーマットは下位互換性が無いため従来のWindowsでは中身を認識することができません。マイクロソフトでは現在サポートされているバージョンのOSについてはexFATが使用できるように差分プログラムを配布することを検討しているようです。


 ほかにはシステムドライブも含めてドライブの暗号化(BitLockerドライブ暗号化)をする機能やデフラグで対象のドライブを指定する機能なども装備されます。

 このサービスパック1の配布方法については、Windows Updateなどのインターネットを通じた配信のほか、雑誌に添付したDVD-ROMなどの媒体を経由しての配布も行われるかもしれません。(Windows Vista サービスパック1、雑誌添付での配布も:ITpro

 今のところ、2008年の第一四半期に配布することを目標に準備が進められているようです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました