FONがライブドアワイヤレスと提携開始

コンピューター

FONのサービスを使用しているとライブドアワイヤレスのアクセスポイントが無料で使用できるようになるそうです。FONのサービスの概要はこちら(FONソーシャルルーター「La Fonera」を買ってみた)に整理しておきました。
FONのアクセスポイントは2月3日現在で全国で3万1千カ所に設置されているそうです。この数は驚異的な数で、国内の公衆無線LAN接続サービスの中では最多の数になります。主にアクセスポイントについては一般家庭に設置されていますので、住宅地を中心にして色々な場所にあります。
一方で、 Wirelessについては山手線の内側を中心にして、約2,200箇所にアクセスポイントが設置されています。JRの山手線の中では面積にして約80%を網羅しているそうです。山手線の内側のエリアであればFONのアクセスポイントよりもライブドアワイヤレスのアクセスポイントの方が見つけやすいです。
私自身はFONの利用者でもありますし、またワイヤレスゲートを通じて、ライブドアワイヤレスのサービスも使うことができるようになっているので、今回のキャンペーンが実施されても、あまりメリットは無いのですが、これらのサービスを利用していない方には今回の取り組みは非常に魅力的なものだと思います。


この新しいサービス(_)の利用料金は、2008年8月4日までは無料で実施されます。そして、その後も無料サービスの継続が予定されています。
最初のうちは全部のライブドアワイヤレスのアクセスポイントでFONのユーザーが使用できるわけではありません。最初の段階では約100カ所のアクセスポイントに限られるそうです。そして、2月11日からは2,200箇所全ての livedoor Wireless のアクセスポイントがAPがFON対応となります。
アクセス方法ですが、こちらも簡単なようです。まずは、利用者がFON_livedoorのアクセスポイントから無線LAN搭載機器を使用してアクセスすると、ログイン後の最初の画面にはライブドアが運営するポータルサイト「livedoor」(URL:http://www.livedoor.com/)のトップページが表示されます。また、本提携により、ログインをしなくてもFON_livedoorを含む全FONスポットへの接続のみで、「livedoor」の全コンテンツが閲覧可能となります。
今回の提携の目的は、フォン・ジャパンはAPの拡大によるユーザーの利便性向上につながるものです。また、ライブドアにとってはFONの利用者を取り込むことで、ポータルサイト「livedoor」への集客向上につながることを狙っています。
今回はFONのユーザーが一方的にライブドアワイヤレスのアクセスポイントを使用できるようになるという形になっていますが、今後はライブドアワイヤレスの利用者がFONのアクセスポイントを使用できるようにすることも検討されるようです。また、無線LAN機器1台1台が固有に持っているMACアドレスを用いたログイン方式も検討を進めるようです。
また、今回の業務提携を記念して、本日2月4日~4月4日まで、FONスポットとFON_livedoorの全てのAPを、La Foneraを自宅に設置しなくてもFONの会員になるだけで無料にて利用可能となる「フリー・アクセス・キャンペーン」が実際されます。これはなかなか魅力的なキャンペーンだと思います。この機会にFONの会員になってみてはいかがでしょうか。

(2008/06/03追記)

La Foneraがamazonで売られています。こちらで購入すると1500円以上の購入で送料が無料となりお買い得なので、商品へのリンクを掲載しておきます。

Related posts

コメント

  1. Fon-mapがiPhone/iPod Touchに対応した

     Fonというサービスをご存じでしょうか。Fonが2000円弱で提供している無線LANのアクセスポイントを自宅などに設置すれば、ほかの人が設置しているFo…