コメダ珈琲店に行った

コメダ珈琲店

 京王相模原線の若葉台駅から稲城駅行きのバスに乗り、そして向陽台6丁目というバス停で降り歩いていると、コメダ珈琲というお店がありました。何だか出来たばかりという感じで、とても新しいです。

 しかも、喫茶店にもかかわらず、広い駐車場があったり、いかにもフランチャイズ店という感じであったり、どうも普通のお店とは違う?という雰囲気が漂っていました。

080607_141142.JPG

080607_141152.JPG

 どこかでこの「コメダ珈琲」というのは聞いたことがあるような気もしたのですが、なかなか思い出せません。お店に入ってみることにしました。


 中にはいると、煙草を吸うか否かを聞かれ、吸わないというと、禁煙席の方向を案内して貰いました。席は自由に選んで良いようです。一番奥にある4人用のテーブル席を選びました。

 店内はログハウス風で、天井が高く、開放的な感じがします。

080607_135326.JPG

 席も堅い椅子ではなく、ゆったり出来るクッションの効いたイスです。

080607_135316.JPG

 メニューを広げてみます。表紙は下の写真のような感じです。

080607_135217.JPG

 そして、珈琲関係のメニューが出てきます。こちらのページはあまり独特な感じは漂っていません。珈琲は400円からです。

080607_135017.JPG

 ページをめくると、食べ物のメニューになります。この辺から、このお店の独自色が出てきます。何だかどのプレートも凄い量のような感じがします。普通、喫茶店の食べ物というと、軽食というイメージがありますが、どう見ても、このメニューは軽食という感じではありません。

080607_134754.JPG

 さすがに、お寿司をお腹いっぱい食べたあとだったので、食事もののメニューはパスします。

 そして、デザートのページを見てみました。こちらは何だかソフトクリームやホイップクリームが凄いことになっています。

080607_134730.JPG

 私はアイスコーヒー、そして子どもはクリームソーダを注文しました。アイスコーヒーはガムシロップを入れるかどうかを先に聞かれました。ガムシロップを入れてくださいとお願いしました。注文すると、5分くらいで運ばれてきました。何だかとても早いです。

 アイスコーヒーはこんな感じです。

080607_134941.JPG

 アイスコーヒーが金属製のカップに入っているところが珍しいです。そして、なんと言っても、豆菓子がついてきたことにはとても驚きました。おつまみのようなものでしょうか?

 そして、クリームソーダです。

080607_134852.JPG

 長靴の形をしたガラスの容器に入ってきます。そして、クリームがものすごい量のっています。子どもも目の前にこれが現れたときには驚いていました。

 メニューを見ていると、モーニングサービスもやっているようです。飲み物を注文すればトーストとゆで卵がついてくるのだそうです。時間は開店から午前11時までの間になります。

080607_135630.JPG

 とてもおもしろい喫茶店でした。また機会を作って来たいと思います。


大きな地図で見る

【参考記事】

京王線沿線で愛を叫ぶ: 稲城で食べる☆コメダ珈琲店オープン!
じろうさんのメニュー コーヒーシェーク @ コメダ珈琲店 稲城向陽台店
コメダ珈琲店 稲城向陽台FC店 少佐の記憶-Memoirs of a major-/ウェブリブログ
稲城天然温泉 季乃彩とコメダ珈琲店:ユラメキ雑記:So-net blog
★まぐろの王様&コメダ珈琲

この記事が気に入ったら、
いいねをお願いします!
グルメ・ランチ・美味しいもの
このブログをフォローする
臨機応変?

コメント