ThinkPad X40のXPをSP3にした

windowsxp

 モバイル用途にThinkpad X40を使っているのですが、このパソコンにはWindows XPのSP2がインストールされています。

 最近になってマイクロソフトからSP3がリリースされているので早めにバージョンアップをしておきたかったのですが、Windows Updateからトライしてみると、何故かアップデートが失敗してしまいます。

 エラーメッセージをよくよく読んでみると、ディスク領域が足らないというメッセージが出ていました。

 このパソコン、ハードディスクの容量は20GBしかない上に、ユーザーが使うことが出来る領域は15GBに制限されてしまっています。(残り5GBにはDtoDのリカバリ領域が使っています)

 仕方がないので、X40上で普段は使用しないファイルをNASにバックアップして、X40からは削除してしまいました。1.5GB程度の空き領域が出来たので、また、SP3へのアップデートをトライしてみると、今度はうまくアップデートができました。

 とはいっても、ダウンロードから、既にあるシステムファイルのバックアップ、そしてインストールといったプロセスが徐々に推移していって、最終的に完了するまでに2時間程度要したと思います。

 アップデートが終わったあとは、特に動作上の問題はなさそうです。パフォーマンスがSP2のときよりもSP3にアップデートしたあとの方が良くなるということを色々と読むことが多いのですが、体感的にはあまり早くなったような感じはしませんでした。

 XPのSP3に関しては、こちら(SP3でWindows XPは何が変わる?)の記事が詳しいです。

 色々なソフトを使っていく中で問題が出る可能性もありますので、もう少し使い込んでみようと思っています。

この記事が気に入ったら、
いいねをお願いします!
コンピューター
このブログをフォローする
臨機応変?

コメント

  1. IBM THINKPAD X40が4万9999円 【IBM Refreshed PC】

     レノボに移管される直前に、IBMが発売していた時代のTHINKPAD X40が中古品で大量に販売されています。 ■送料無料,税込■[通常中古]IBM 【…