地図ソフトの「全力案内!」をiPhoneにインストールしておいた

インターネット

iphone3g

iPhoneで使用することが出来るカーナビソフトと言えば、最近、ゼンリンから公開された「いつもナビ」というアプリケーションを1800円で購入しインストールしたばかりです。

iPhone用の「いつもナビ」を使ってみた

しかし、それ以前よりも無料で公開されている「全力案内!」というナビソフトもiPhoneにインストールしておくことにしました。というのも、過去に公開されたときの記事を読んでみると、無料で公開されるのは2009年の3月末までとされていて、もうまもなく、その2009年の3月末を迎えてしまうためです。

この全力案内にどんな機能があるかは、百聞は一見にしかずで、下記の動画をご覧ください。(動画は期限切れに伴い削除しました)

このソフト、「フリーモード」にすることによって、今走っている位置を地図上に表示し続けることが出来ます。また、標準の地図アプリでは進行方向を常に上にするということが出来ないのですが、この全力案内では設定により進行方向を常に上に固定することが出来ます。つまり、自動車で走っているときに自分の車がどこを走っているかを知るときには、こちらの全力案内の方が便利だと思います。


しかし、リアルタイムでGPSで取得した位置情報をもとに、次にどちらに運転すればよいかを案内するいわゆるナビ機能は付いていません。シミュレーションモードでは問題なく音声付きでナビをしてくれる様子を紹介してくれるので、技術的に不可能なわけでは少なくとも無いと思います。よく言われているように何かのアプリケーション公開上の制約に引っかかってしまうためなのでしょう。

シミュレーションモードで新宿までを案内してもらいました。交差点の名前は話してくれません。単に「およそ200メートル先左方向です。左に寄ってください」という感じでしか案内してくれないのは残念なところです。しかし、私が今使っているカーナビには付いていないような「200メートル先急カーブです。注意してください」という音声案内も入っていました。

シミュレーションモードでは少なくとも車線の案内や交差点の形状の案内画面などは出てきませんでした。慣れないところを走るときには少々わかりにくいかもしれません。久我山病院の横を通って中央自動車道の側道に合流し、環状八号線を越える車線に入り高井戸のインターチェンジから中央自動車道に入るというルートをシミュレーションモードで観察していましたが、音声と地図の案内だけでは少々厳しいのではないかなという気がしました。

地図を大きくしたり小さくしたりする操作はiPhone独特の指で広げたり縮めたりするような動きで実施することが出来ます。意外と動作が速く、縮尺の変わった地図がストレス無く表示されます。「いつもナビ」よりも縮尺の変更には強いように思います。

カーナビで道案内をして貰っているときに、この全力案内を起動したiPhoneで、全力案内のフリーモードにして今走っているところを表示させておけば、カーナビに入っている地図が少々古くても、iPhoneには新しい地図が表示される形になります。今日、実際に埼玉県から東京都までカーナビと全力案内を併用して道を走ってみました。途中、新しく出来た道を通るときには全力案内ですぐに確認が出来るのでなかなか便利でした。

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
このブログをフォローする
スポンサーリンク
臨機応変?

コメント