無線LAN(WirelessGate)が東海道新幹線車内で使える

インターネット

新幹線ホーム

 3月14日のダイヤ改正より、東京と新大阪の間を走る東海道新幹線のN700系のぞみの車内で公衆無線LANサービスが利用できるようになります。公衆無線LANサービスで利用できるのは、下記のサービスです。

 ・NTTコミュニケーションズの「ホットスポット」
 ・NTTドコモの「Mzone」「mopera U」
 ・ソフトバンクテレコムの「BBモバイルポイント」
 ・UQコミュニケーションズの「UQ Wi-Fi」

 色々なサービスが対応しているので、この中のどのサービスに加入するか悩むところになりますが、実はこれ以外にもとても良いサービスがあります。そのサービスとは、WirelessGate(ワイヤレスゲート)という会社が提供するサービスになります。ヨドバシオリジナルプランに加入すると、月額の料金はわずか380円なので非常にお得なサービスです。

 私自身も既にこのサービスに加入しているので、特にライブドアワイヤレスの圏内では頻繁に利用しています。

 しかもこのワイヤレスゲートは

 ・BBモバイルアクセスポイント
 ・ライブドアワイヤレス
 ・成田空港エアポートネット
 ・フレッツスポット

 の4種類の公衆無線LANサービスを利用することができるので、非常にアクセスポイントの数が多いのが特徴です。この中のBBモバイルアクセスポイントが東海道新幹線に対応してくれたので、WirelessGateに加入していれば東海道新幹線の中で無線LANが利用できるようになりました。

 このワイヤレスゲートのサービスや加入方法については、下記の記事にまとめました。

 ★無線LANのWIRELESS GATE(ワイヤレスゲート)に入った

 今度。東海道新幹線に乗る機会があったら、是非、N700系のぞみを選び、ノートパソコンを車内に持ち込んで、動く書斎を体感してみたいと思います。

Related posts

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
このブログをフォローする
臨機応変?

コメント