聖蹟桜ヶ丘は「耳をすませば」の舞台そのまま

聖蹟桜ヶ丘の「耳をすませば」の舞台

 先日、多摩センターにあるワーナーマイカルシネマズに行った際、川崎街道から多摩ニュータウン通りに曲がっていこうと思っていたのですが、多摩ニュータウン通りが乞田のあたりまで渋滞しているとカーナビの画面に写っていました。


 少し迂回して、聖蹟桜ヶ丘駅前という交差点まで行って、そこから、桜ヶ丘団地の方向に曲がり迂回していくことにしました。

 最初に川をわたった後、丘を上るような形になります。少し、ヘアピンカーブのように道が綴れ織りになっていて、住宅地にもかかわらず、少し山の中に入ったかの雰囲気を少し味わうことができます。

聖蹟桜ヶ丘 いろは坂

 このあたりは、スタジオジブリの映画、「耳をすませば」の舞台になった場所で、映画を観たことがある人であれば、見覚えがある景色が続きます。

 映画のシーンと実際の場所の対比は、こちらのサイトが非常に詳しく紹介してくれています。

 ☆~耳をすませば舞台を歩く~

 こちらの坂は、「いろは坂」と呼ばれているようです。日光の「いろは坂」から来ているのでしょう。

 周辺の地図を掲載しておきます。


大きな地図で見る

コメント