GPSアンテナの下にしくシートで感度アップ

sp710vl-sanyo

 サンヨーのポータブルカーナビ、ゴリラ「gorilla」、NV-SB540DTという機種を利用しているのですが、運転席に近いところに設置し直したところ、少しGPSの感度が悪くなってしまいました。例えば、山道を走っているときに時々、衛星を見失ってしまうことがあります。このままでは、カーナビの、使い勝手が悪くなってしまうので、GPSアンテナを購入することにしました。

 楽天市場で外付け型のアンテナを探してみたところ、お手頃価格で商品が扱われていました。商品レビューを見てみると意外と評判も良いようです。SANYOの純正品では無いのですが、やはり値段がやすいのは魅力なので、こちらの商品を購入することにしました。


 商品が届き取り付けてみると、商品レビューの通りにアンテナの感度がとても良くなりました。山道でGPSをロストすることも少なくなりました。ただ、まだ感度が少し悪いような気がします。クルマに最初から搭載されていたカーナビのGPSアンテナをみると、アンテナの下に何かシートがひかれています。これは何かと調べてみると、金属製のシートでこの上にGPSアンテナを設置すると、さらに感度が良くなるのだそうです。

 カー用品店でこのシートを探してみたのですが、売られていないようです。やはり、楽天市場で商品を探してみると、単品でも売られているものを見つけました。

 値段にかなりばらつきがありましたので、できるだけ商品の値段と送料が安いお店をさがして、更に他の商品も含めて購入しました。

・SEIWA セイワ P125 GPSアンテナシート

 こちらの商品も届いた後に、さっそくクルマに取り付けてみました。シートの裏面は両面テープが付いています。これをダッシュボード上に貼り付け固定しました。

 GPSアンテナの裏にはマグネットが付いていますが、GPSのアンテナの下に敷くプレートの金属に貼り付いてうまく固定してくれました。

 実際に取り付けた状態で秩父までドライブをしてみましたが、トンネルの中を除いては全くGPSをロストすることがありませんでした。かなり感度がアップしたのではないかと思います。もしも、GPSアンテナの下に金属プレートをひいていない場合には、この製品を使うと、クルマの位置の安定性が増すと思います。

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
自動車・カー用品・メンテナンス
スポンサーリンク
このブログをフォローする
臨機応変?

コメント