iPhoneのロック画面からのカメラ起動方法

iphoneカメラ

PhoneのiOS5.1が公開されたので、さっそくアップデートをして見ました。アップデート後に最初に気がついた変化は、ロック画面にカメラのアイコンが表示されるようになった点です。

今までも、ホームボタンを二回押した際に、オーディオのコントロールパネルと一緒にカメラの起動アイコンが表示されていましたが、純粋にロック画面にカメラの起動アイコンが表示されるようになったのは、操作性の改善に大きく寄与してくれると思います。

と言うのも、カメラはすぐに起動して写真を撮りたいと思うことが特に多いアプリケーションなので、起動までのステップは少ない方が良いからです。

こちらが、iOS5.1のロック画面になります。右下にカメラのアイコンが付いていることが判ります。

iPhoneのロック画面

この画面からカメラのアイコンを押してみました。そのままカメラが起動するかと思ったのですが、少し画面が上に行くだけで、カメラアプリが起動しません。なぜ、画面が少し上に行くような演出をしているのかよく判らず、もしかするとインストールで問題があったかとまで考えました。

気を取り直して、WEBで検索をしてみると、カメラの起動方法が判りました。カメラのアイコンにタッチしたまま、上に指をスライドするそうです。その通りにやってみると、確かに舞台の幕が上がるようにカメラアプリに切り替わりました。

カメラアプリを起動しているところ

ロック画面は服のポケットの中などで簡単に開いてしまうことがあるので、アイコンにタッチするだけだと、不用意にカメラアプリが起動してしまうことが考えられるため、このようなデザインにしたのでしょう。アイコンを触ったときに少し画面が上に行くのは、そのまま画面を上にスライドしてくれということを主張していたようです。

今回は少し操作の方法が直感的にはわかりにくかったですが、一回覚えてしまえば大丈夫なので、今後はぜひ使って行こうと思います。

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スマホ・タブレット・AV
スポンサーリンク
このブログをフォローする
臨機応変?

コメント