東北復興観光支援パスで高速道路で格安に盛岡へ

岩手山と北上川

 9月23日(土)、9月24日(日)の2日間、岩手県の盛岡に行くことになりました。東京からは約500Km離れていますが、クルマで行くことにします。1000円高速は終わってしまいましたが、週末はETC割引で高速が約半額になるのは魅力です。

 NEXCO東日本のETC割引のページを調べていると、気になる情報が載っています。

 ☆ETC・割引情報 | ドラぷら

 そこには下記のように書いてありました。

  ・東北復興観光支援パス

   東北六県の高速道路が最大2日間乗り放題!

 その詳細が書いてあるページをあわせて見てみると、「首都圏発着プラン」では首都圏から東北地方までの往復高速料金、そして東北地方の高速道路最大2日間乗り放題で7500円という内容になっていました。川口から盛岡までの高速料金を調べてみると、週末のETC割引を使っても5000円以上しますので、往復すれば確実に元が取れます。

 JRの周遊券であれば、駅の窓口に行って購入すれば良いですが、このようなドラ割はどうやって申し込めば良いのかとても不思議です。使い方をあわせて公式サイトで調べてみると、事前にETC番号を使ってエントリーをしておかなければいけないようです。これもそのページから申し込むことが出来ました。ETC番号を間違えて登録すると割引が受けられなくなってしまいますので、注意して登録する必要があります。

 今回の東北復興観光支援パスは利用できる期間は下記の通りとなっています。

 ・平成24年4月7日(土)から10月28日(日) までの土・日・祝日(着色日)のうち連続する最大2日間。
 ・ゴールデンウィーク期間(4月28~30日、5月3~6日)、お盆期間(8月11~12日)は利用対象外です。

 首都圏出発時のインターチェンジ、東北に入るときに使うことができる高速道路、周遊できる区間などの詳細情報は公式サイトを確認してください。

 ☆ドラ割 – 東北復興観光支援パス(首都圏発着プラン) | ドライブ旅行 | ドラぷら

 この観光支援パスを事前申し込みしていたとき、料金所を通行したときに、料金がどう表示されるのか気になっていました。実際に通ってみると、普通に通行した際と同じ料金が表示されました。とすると、NEXCO東日本がETCのログを集計する際に突合して、支援パスの適用を受ける部分と受けない部分により分けて請求する仕組みになっているのでしょう。

 ETCの料金がクレジットカードに請求されたとき、その料金をよくチェックしてみようと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました