アップルが国内の出版社と提携し電子書籍参入?

ipad3g

 元日の日経新聞にアップル社が日本の出版社と提携して、国内で電子書籍に参入するという記事が公開されていました。

 日本国内では、楽天やAmazonが電子書籍の販売に乗り出していますが、今のところは爆発的な売り上げにつながっているような状況では無いように思えます。アップル社が参入するとしたら、確かに絶好のチャンスかもしれません。

 記事によれば、講談社や角川ホールディングスとの交渉が進んだことが紹介されていました。約8万冊の電子書籍を取り揃えることができる見通しがあるそうです。


 iPhoneを利用していると、iBooksがすでにインストールされています。下記のキャプチャー画面のように一見は書棚のようになっています。

iBooksの書棚

 まだ私はアップルでは電子書籍を購入したことがないので、本棚は空になっています。ストアで電子書籍を購入すれば、徐々にこちらの本棚が埋まっていく形になります。

 また、同じアプリで電子書籍を購入出来るように鳴っています。

書籍の購入画面

 もしも本格的に日本国内で電子書籍事業を立ち上げると、こちらの画面に日本語の書籍が多数並ぶことになるのだと思います。

 楽天のKobo、amazonのKindle、そしてアップルのiBooksと揃うことになりますが、どこが最終的に成功するのか、今後の競争が気になるところです。

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スマホ・タブレット・AV
スポンサーリンク
このブログをフォローする
臨機応変?

コメント