中央線の人身事故と不正確な運転再開見込み

飯田橋-中央総武線

JRの中央総武線に乗っていると、荻窪に到着した際に車内アナウンスが流れました。中央線の中野駅で人身事故が発生し、このまましばらく吉祥寺駅で停車することになりそうだということです。また、振り替え乗車も実施するとのことです。これが8時10分ごろでした。

そして、5分ほどしてから、運転再開見込みの案内がありました。9時10分だそうです。予測が難しかったので、1時間後を指定したのでしょう。

iPhone向けに最近公開されたJRの運行情報を通知するアプリを起動して見ました。

20130620-082510.jpg

これによると、中央線快速電車で人身事故があったようです。

この9時10分運転再開見込みという放送があった途端、続々と丸ノ内線へと人が流れて行きました。中央線と丸ノ内線はほぼ四ッ谷付近まで並行して走っているので、新宿駅や四ッ谷、そして東京駅に行きたい場合には丸ノ内線は大きな回避ルートとなります。

結局、電車の中は座っている人以外はいなくなってしまいました。それでも、繰り返し車内アナウンスやホームのアナウンスでは丸ノ内線への振り替え乗車を案内しています。JRとしては、運転再開したときに少しでも車両内やホームでの混乱を防ぐために、出来るだけ多くのお客さんを丸ノ内線へと流してしまいたいのでしょう。

この荻窪駅では街頭演説の声がとてもうるさいです。都議会議員選挙が近づいているためでしょう。駅のアナウンスが聞きにくかったので、こんな状況のもとでは街頭演説はやめた方がいいでしょう。

私自身は、中央線のホームで発生した事故であれば、まさか中央総武線の運転再開までに1時間もかかるはずは無いだろうと思い、そのまま中央総武線の車両に乗っていました。

そして、8時25分になると手のひらを返したように、「間も無く運転再開です」と放送し始めました。

そして、8時33分に荻窪駅を発車しました。約20分の遅れです。

JRの案内する運転再開見込みについては、参考程度の情報にとどめ、情報収集と個人の判断が重要になりそうです。

20130620-084142.jpg

この記事が気に入ったら、
いいねをお願いします!
日記・ショッピング
このブログをフォローする
臨機応変?

コメント