iPhone 5sおよびiPhone 5cが登場。しかもNTTドコモからも発売

スマホ・タブレット・AV

スポンサーリンク

アップル社でイベント開催

アップル社が予告通りに現地時間の9月10日にカリフォルニア州でイベントを実施しました。こちらでは事前にリークされたとおりに、iPhone5cとiPhone5sの二機種が発表されました。しかも、NTTドコモから9月20日に発表されることも明らかになりました。

特にNTTドコモからiPhoneが発売されることについては、イベントのプレゼンテーションの中でNTTドコモのロゴが一面に表示されるような場面もあったそうです。これほど異例の扱いをされたことについては、Softbankやauはとても悔しかったのではないでしょうか。

iPhone5cの登場

iPhone5cは今までのiPhoneよりもカラーバリエーションを増やして、価格を安く抑えています。特に新興国でapple社がシェアを伸ばすために開発されたという噂もありました。最近のiPhoneは金属製のケースになっていますが、こちらは初期のiPhoneと同じように樹脂製のケースになっています。

価格は16GBモデルで99ドルと今までよりも100ドルほど安くなるようです。日本での発売価格については各キャリアからの今後の発表が気になるところです。

また、専用のカラフルなカバーも発売されて、しかもこのカバーには所々に穴があいていて本体のカラーも見えます。このカバーと本体の色の組み合わせで更なる色のバリエーションを楽しめるように設計されています。いかにもappleらしい発想だと思いました。

iPhone5sと新しい機能

iPhone 5sはボディサイズや画面解像度はiPhone5と同じですが、CPUがA7チップに変更されて、64bitのアーキテクチャが採用されています。また、ホームボタンには指紋認証機構が組み込まれました。

ロック画面を解除するときはこのホームボタンを押すだけで解除できるため、今までのようにパスコードを入力する必要がありません。また、iTunesでアプリや楽曲を購入する際なども、パスワードの入力をすることなくホームボタンを押すことで購入ができるようになるそうです。

カメラは8メガピクセルのiSightカメラを装備しています。

NTTドコモではプレミアクラブの「プレミアムステージ」の利用者向けに、9月13日からiPhone5cのプレオーダーを開始することを発表しました。ドコモウェブサイトから予約できるようにあるようです。

なお、iPhone5sについては特にニュースリリースの中では触れられていません。

私自身は現在はiPhone4sを使うソフトバンクユーザーですが、来年の1月には2年縛りが切れます。このタイミングでNTTドコモへMNPで移行して、iPhone5sを購入しようと思っています。

今回のiPhoneはLTEでもプラチナバンドに対応しました。ところが、SoftBankはLTEはプラチナバンドで提供されていませんので、つながりやすさという面では不利になってしまいます。今後、各社ともにキャンペーンで顧客の獲得、および囲い込み策で必死になると思いますが、SoftBankは厳しい状況に陥るように思います。

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
このブログをフォローする
スポンサーリンク
臨機応変?

コメント