大塚から早稲田まで都電に乗車

20140109-165828.jpg

大塚に用事がありその帰り道で都電荒川線に乗ってみました。午後5時頃の電車に乗ったのですが、あたりはすでに薄暗くなっている中で、かなり新しい車両がやってきました。

乗車時にスイカで支払いをして、席に座ります。ちなみに乗車料金は160円とバスよりも安くなっています。

この時間の早稲田方面行きはかなり空いていました。車内は運転席の後ろに進行方向を向いた席があり、それ以外はロングシートになっています。

進行方向を向いた席はお年寄りのための優先席になっていました。今回はロングシートに座りました。

20140109-170755.jpg

都電というとクルマが走る道路の真ん中で電車が走る姿を想像するのですが、こちらの荒川線はほとんどが都電の専用軌道になっているので、あまり路面電車の風情は楽しめません。

20140109-170940.jpg

しかし、電車が走り出す時には、「チンチン」と音が出たり、交差点では信号が青になるのをまったりするところは、まだ路面電車の雰囲気を残してくれていました。

バスと比較すると渋滞に巻き込まれる心配がなく、また地下鉄と比較すると建設費が安いので、このような路面電車はもっと見直されても良いのではないかと思います。

20140109-172408.jpg

こちらが終着駅の早稲田です。地下鉄東西線の早稲田駅は意外と離れていて、10分弱の時間がかかります。

20140109-172529.jpg

20140109-172557.jpg

地下鉄東西線の早稲田駅を通り過ぎて、高田馬場駅までブラブラと歩いて帰りました。

貸し切り電車

都電荒川線では車両ごと丸ごと貸し出す利用方法があるそうです。1日一団体に限り、好きな区間を好きな車両で最大60人まで乗車できるとのことです。

演奏会や芝居、コマーシャル撮影といった使い方をする場合も多いようで、また、結婚式も過去にはあったとか。

申し込みは利用する2ヶ月前の月初め10時から先着順です。申込先は東京都交通局荒川電車営業所、電話番号は「03-3893-7451」となっています。

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
旅行・ドライブ
スポンサーリンク
このブログをフォローする
臨機応変?

コメント