iOS7.1公開、CarPlayなどを追加

20140311-151806.jpg

最近、AppleからはiOSのアップデートがたびたび行われていますが、今度は少し大きめのアップデートが公開されました。iOS7.1です。

今回のアップデートで最も目をひくのは、先日詳細が発表されたCarPlayが搭載されたことでしょう。対応の車種でiPhoneを接続すると、オーディオやナビの機能などをSiriや車載機器のタッチパネルなどを使って操作できるようになります。

 ☆Appleが「CarPlay」を発表 | 臨機応変?

また、従来は日本語のSiriの音声は少し機械音声を感じさせるものでしたが、今回のアップデートで自然に聞こえるようになったそうです。Siriの音声はセンター側で調整されるのかと思っていたのですが、端末のアップデートに依存していたことは少々意外に感じました。今までの女性の声に新たに男性の声も追加されました。どんな音声になったかは、自分でアップデートして確認して見ます。

Siriの操作性についても機能追加が行われています。従来は話しかけたあと、文章の終わりはSiriが自動的に認識していましたが、これに加えて、ホームボタンを押している間だけ認識する機能が増えました。

他に、iTunes Radio、カレンダー、アクセシビリティにおける機能追加、iPhone 5sでHDRを自動的にオンにするカメラ設定、ホーム画面がクラッシュすることがある問題の修正、Touch ID指紋認証機能の向上、iPhone 4におけるパフォーマンスの向上など、アップデート内容は盛り沢山です。

手持ちの車載用に活用しているiPhone4をiOS7にしたところ、非常にモッサリとしてしまったので、iPhone4におけるパフォーマンスの向上は地味に嬉しいアップデートです。

無線LAN環境がある場所でiPhone4、iPhone5sをアップデートしてみます。アップデートファイルの容量は268MBです。かなり大きいので、ネットワーク環境が安定している場所の方が良さそうです。また、アップデートには2GBの空き容量が必要です。

20140311-151832.jpg

20140311-151855.jpg

実際にiPhone5でアップデートを行ったところ、20分程度の時間が必要でした。

実際に使ってみると、カレンダーが使いやすくなっていました。例えば、一ヶ月のカレンダーを表示している状態で、ある日付を指定すると、下にその日の予定を表示してくれるようになりました。

20140312-132914.jpg

今まで、iPhoneのかれあは使っていなかったのですが、使っても良いレベルに達してきたかもしれません。

Siriでは確かに声の性別を選ぶことができるようになっています。

20140312-133240.jpg

もう一点、バッテリーの持続時間が長くなったように思います。

普段はお昼になると、残りが60%程度になっていたのですが、同じような使い方をしていても、70%以上残っているようになりました。

特に操作が重くなったようなこともないですし、今回のようなアップデートはとても歓迎できる内容だと思います。

この記事が気に入ったら、
いいねをお願いします!
スマホ・タブレット・AV
このブログをフォローする
臨機応変?

コメント