阿佐ヶ谷駅の人身事故と運転再開まで

シェアする

中央特快に乗って東京駅から西に向かっていると、新宿駅到着時に急に電車が発進できなくなりました。そのまま待っていると、中央線の阿佐ヶ谷駅上り線で人身事故が発生してしまったようです。

中央総武線、中央線の両方が運転見合わせになってしまいました。事故が発生したのが15時49分です。


多分、安全確認が終了次第、中央総武線の各駅停車が先に運転を再開して、中央快速線の運転再開の方が時間がかかるものと思います。

新宿にいますので、荻窪までであれば地下鉄丸ノ内線に乗り換える方法もあります。八王子や高尾までであれば京王線に乗り換える手もあります。

16時に運転再開見込み時刻の案内がありました。16時40分になってしまうようです。特別快速で席に座っていましたので、そのまま運転再開を待つことにしました。

三鷹方面の各駅停車については、16時過ぎに中野駅までの折り返し運転をすることが案内されました。ただ、中野まで行けたとしても、その先の選択肢が限られてしまうので、そのまま新宿駅の中央特快の中で運転再開を待つことにしました。

16時5分に中央総武線の各駅停車が三鷹駅まで運転することが案内されました。まだ、中央特快の中で待つことにします。

16時10分になると現場の救護活動が難航しているため、運転再開が16時50分になるという案内がありました。

16時25分には現場の救出作業が完了し車両などの安全点検を実施しているという放送が流れました。この時点では運転再開は16時50分で変わらずです。

時間は16時50分になりましたが、運転再開には至りません。警察による現場検証が終わらないので17時運転再開の予定に変更になりました。

そして、下り電車の運転許可が下りたという案内が入りました。今回は事故が発生してから運転再開まで1時間という長い時間がかかりました。

スポンサーリンク



シェアする

フォローする

スポンサーリンク

スポンサーリンク