クリスマスの約束2016

シェアする

2001年からすでに15年にわたって、毎年、TBS系列でクリスマスの前後に放送されるクリスマスの約束という音楽番組があります。小田和正が主演していろいろなゲストを呼んで様々な曲を紹介してくれる番組です。毎年、楽しみにしているのですが、今年はうっかりと番組そのものが放送されることを忘れていました。

しかし、ブルーレィディスクレコーダーには「小田和正」というキーワード録画を有効にしているので、しっかりと録画をしておいてくれました。今年は例年よりも少し早い、12月23日の夜24時35分から放送されたようです。収録場所は赤坂BLITZで12月16日に収録されたと紹介されていました。4万人を超えると応募者の中から500名が選ばれてこの日の収録が行われたそうです。

スポンサーリンク



クリスマスの約束2016

観客は小田和正やゲストの後ろ側にいて、カメラが正面から撮影するという珍しい配置です。観客のために歌っているわけではなく、あくまでもテレビの視聴者のために歌っている、会場の観客はあくまでも風景の一つという演出なのでしょう。

番組の最初は小田和正によるSMAPの名曲「夜空ノムコウ」をしっとりと歌い上げました。そして、最初のゲストである宇多田ヒカルの登場です。

クリスマスの約束、第一回目の放送で、宇多田ヒカルに対して小田和正自身が出演のオファーをしたことも紹介されました。その後は、今回の収録に向けて宇多田ヒカルと小田和正による練習の光景なども紹介されました。リハーサルは3日ほど続けたそうです。本番での一曲の披露に向けた力の入れ方がよくわかるものでした。そしてアコースティックなAutomaticが始まります。続いてコマーシャルを挟んで小田和正と宇多田ヒカルの東京とロンドンの違いやロンドンでの生活などに関してのトークが始まります。

宇多田ヒカルがインターネット回線の接続工事を業者にお願いしても約束した日には来てくれず電話をしてみると「じゃぁ明日・・」といった対応で怒るのもバカバカしく感じるという話を宇多田ヒカルはしていました。

続いて宇多田ヒカルの比較的新しい作品、復帰後に発売された曲である「花束を君に」です。4月から放送された「とと姉ちゃん」の主題歌にも採用されていて有名な曲です。

続いて、ロックっぽく演出された「たしかなこと」を宇多田ヒカルと小田和正の2人で歌い上げました。保険会社のコマーシャルソングでも利用されているこの曲は普段は小田和正がバラード風に丁寧に歌い上げるのが普通なのですが、珍しい演出ではありました。

つづいて、コマーシャルを挟んで、和田唱が登場します。最近、結婚したということでその簡単なお祝いをしたあと、トークが始まります。ポールマッカートニーのJUNK、Water Falls、Silly Love Song、My Loveをメドレーで披露しました。

続いて、小委員会バンド、根本要、水野良樹、スキマスイッチが登場しました。大瀧詠一の君は天然色を歌い上げます。大瀧詠一の分厚いナイアガラサウンドとは異なりアコースティックな編曲でした。この曲は昨年披露つもりだったようですが、「大人数でコーラスで使って歌うことは大瀧詠一の意図に反するのではないか」という小田和正の考えで断念しました。しかし、今年は「あえて大瀧詠一に提案する」という位置付けでの披露です。続いて「約束」を合唱しました。

ここでコマーシャルを再度挟んで、松たか子が登場しました。「風をあつめて」を演奏しました。ハッピーエンドの名曲です。

続いてコマーシャルをはさんで、JUJUが登場しました。Both Sides Nowを披露します。ジョニミッチェルの1967年の名曲です。続いて、赤い鳥が歌った「赤い花、白い花」です。

またコマーシャルを挟んで、オフコースの「僕等がいた」を小田和正がソロで歌います。オフコースのメンバーが自ら脚本・監督・演出・監督・主演をしたスペシャル番組である「NEXT」のサウンドトラックアルバムに収録されていました。このアルバム、LPレコードで持っていますが、もうここ20年くらいは聞いていないような気がします。そんなこともあって、とても懐かしく聞きました。

そして、ゲスト全員をもう一度ステージの上に呼び出しました。そして、ボブ・ディランの 「The Times They Are a-Changin’」を出演者全員で披露しました。

今回も素晴らしい番組に仕上がっていました。ことしは最後に出演者による「きよしこの夜」に斉藤由貴のナレーションが重なって、エンディングタイトルがながれるなかで番組は終了しました。

スポンサーリンク



シェアする

フォローする

スポンサーリンク

スポンサーリンク