iPhone5sでiOS12を使った際のパフォーマンス

先日、アップルからのiOS12が公開されました。9月18日の夜に公開されていることに気がつき、手持ちのiPad ProとiPhone5sの両方をアップデートしました。いつもでしたら、ネット上で公開されているアップデートをした人の感想などを読んでからアップデートするのですが、今回は気がついたのが深夜近くでしたので、あまり確認せずにアップデートしてしまいました。

iPad Proは比較的、最近の機種でしたので、動作が遅くなる心配はあまりしていなかったのですが、iPhone5sの方は発売されてから随分時間が経つので、今まで通りにサクサクと動いてくれるかどうか、とても心配していました。リリースノートには、パフォーマンスの改善があげられていたので、それなりにスピードには気は遣われているようです。

iPad Proに比べて、iPhone5sはアップデートの時間も2倍近く掛かり、一時間程度は待ったと思います。アップデート自体は無事に終わりました。

問題の動作スピードですが、あまりiOS11のときと比較して、変わりませんでした。これならば、まだまだiPhone5sが現役として使えそうです。多分、iPhone5sにとっては、今回が最後のメジャーバージョンアップデートとなると思いますが、実用的に使える期間がまた増えて良かったです。

iPad Proの方は株価など、いくつかのアプリが増えていましたが、iPhone5sの方はあまり見た目が変わりません。強いて言えば、液晶の左上に日付が表示されるようになったこと程度でしょうか。今日何日だっけ?となることが多いので、これは地味に便利です。

スクリーンタイムという、端末を何にどれだけ使ったかの統計を視覚的に見る機能が追加されていましたが、こちらはあまり使うことはなさそうです。

正直、iPhone5sの小さな本体が好きだったのですが、その後継機となるはずのiPhoneSEも販売が停止されました。iPhoneSEの後継機は発表されませんでした。

また、今回発売された他の機種も値段がとても高い割には、あまり欲しくなるような衝動に駆られるものではありませんでした。iPhone3GのときからiPhoneを使い続けてきましたが、もしかすると、iPhone5sが最後の機種になるかもしれません。

この記事が気に入ったら、
いいねをお願いします!
スマホ・タブレット・AV
このブログをフォローする
臨機応変?

コメント