JTB旅行券(ナイストリップ)利用時の注意点

先日、JTBの旅行券をもらいました。特に期限はなく、JTBが営業を続けてくれる限りは利用することができるようです。

今年末でJALのマイルの中で失効するものがあったので、特典航空券を使いつつ、宿は旅行券で手配することにしました。

旅行の手配

目的地は風情のある温泉地にしました。

特典航空券の方は簡単にネットで確保することができたのですが、JTB旅行券の方は使い方がわかりません。まずは使い方から勉強しました。

ネット下見

すると、ネットで宿を手配しても旅行券での清算は店舗に行かなくてはいけないようです。

しかも、JTBの公式サイトで扱っているプランの中で、るるぶトラベルが扱っているものは、旅行券が使うことはできないと赤文字で明記されていました。るるぶトラベルが取り扱うプランは格安なプランが多かったので、これが使えないのは痛いです。

窓口へ

仕方がないので、旅行券を使える宿の中から手頃なものを選んでおき、自宅の近くの店舗に出向いてみました。お店に行くとすぐに窓口に案内してくれたので、旅行日と一人二万円、旅行地、温泉地の中心地という条件で、宿の提案をお願いしました。

すると、お店のパンフレットの中から1つ選んで提案してくれました。ただ、値段も2万円を大きく超えますし、事前に狙いを付けておいた宿とも違います。

事前に狙いを付けた宿は、パンフレットで確認すると一泊の値段が6000円も高かったので驚いてしまいました。もちろん、プランの内容が大きく異なる可能性がありますが、ネットで調べたものも、パンフレットでに載っていたものも、部屋と料理は宿にお任せでしたので、違いを知ることはできませんでした。

どうも、ネットで閲覧して旅行券が使えるプランを選んでおいても、店頭では特にお店側からはそのプランの提示はないようです。

事前調査が功を奏す

仕方がないので、ネットで事前にこの宿を見つけたのですがと確認すると、手元の端末で確認を取ってくれて、2万円弱のネットと同じ価格での案内が可能だと教えてくれました。ただし、取り扱い手数料として、別途540円が課金されます。

この手数料については、旅行券を使って宿の手配をしたければ逃れることが難しそうだったので、了解しました。

今回の手続きを通じて感じたことは、窓口での手配は時間がかかるということです。名前や住所、電話番号、メールアドレスなどを1つ1つ丁寧に確認していくので、単に個人情報を登録してもらうだけでも、かなりの時間を必要としました。

また、お店に置いてあるパンフレットの中で紹介されているプランからしか選べなかったとしたら、予算を大幅にオーバーしていたことは間違えありません。

これでは、パソコンやスマホが使えないお年寄りはこの高い価格のプランしか申し込めなくなってしまいます。ただ、窓口で丁寧に説明してもらえるということは、大事かもしれません。

店舗を維持するコストはかなりかかると思いますので、JTBとしては、ネット利用客よりも店舗利用客のコストを高くしなければいけないことはわかるのですが、ちょっと行き過ぎているのではないかとも思いました。

コメント