ファミペイ登場! QRコード決済はもういらない!

ファミリーマートが独自の電子マネーを2019年7月をめどに投入することを発表しました。スマートホンアプリを活用したバーコード決済システムです。

全国のファミリマートで使えるのはもちろんですが、ドンキホーテでも使えるようにならないか調整しているとのことでした。

店舗のレジで現金をチャージできるほか、クレジットカードとの紐付けも可能です。さらに買い物金額に応じたキャッシュバックも予定しています。

ただ、正直、消費者からみると、これ以上の電子マネーは必要ありません。スマホでアプリを選ぶだけでも面倒です。しかも、またクレジットカードの情報などを登録しなければならず、情報漏洩の危険性が増すだけになってしまいます。

ファミリーマートは今までTカード陣営でしたが、一時期、ファミマがTカード陣営から外れるのではないかという噂が流れたことがあります。もしかすると、今回の件が関係しているのかもしれません。

一時期は各お店が個別に会員証やポイントカードを発行したので、財布がパンパンになりました。電子化されれば解消されるのではないかと期待していたのですが、まさか、スマホが決済アプリで溢れかえることになるとは思っても見ませんでした。

現在、私のスマホには、電子決済、ポイント系だけでも

  • ID
  • QUICPay
  • 楽天Edy
  • 楽天ペイ
  • おりがみぺい
  • ぺいぺい
  • dポイント
  • 楽天ポイント
  • Tポイント
  • Suica
  • nanaco
  • スターバックス

がインストールされています。

他にも、スターバックスのアプリにもモバイル決済機能が組み込まれているので、ここにもお金をチャージしています。

そろそろ、一つもしくは二つ程度の決済インフラに集約して欲しいところです。逆に各お店が個別に電子マネーを作るのはやめにしてほしいと思います。

この記事が気に入ったら、
いいねをお願いします!
日記・ショッピング
このブログをフォローする
臨機応変?

コメント