IOデータIPv6対応無線LANルーター「WN-AX2033GR2」を入手

インターネット

楽天ひかりがIPv6高速インターネット接続サービスに4月から対応しました。今のところ先行サービスという位置づけで、無線LANルーターの自動設定などには対応していません。自分でマニュアルに従って設定する必要があります。

スポンサーリンク

現在の接続形態

現在利用しているNETGEAR社のWNDR4300という無線LANルーターは楽天ひかりでサービスしているDS-Liteという方式に対応していません。IPv6に対応しているサイトへはIPv6で接続されて、IPv4に対応しているサイトへは、IPv4で接続される形になります。

IPv4は回線が混雑しているときに遅くなってしまう箇所があるので、IPv6から変換して接続する仕組みが提供されています。その一つの方式がDS-Liteです。

また、無線LANの規格も古いものしか対応していないので、無線LAN部分でもネックが発生します。

楽天ひかり

楽天ひかりではサービスに対応している推奨ルーターを公式サイトで紹介しています。今回入手した「WN-AX2033GR2」は対応機種の一つになります。

今回は楽天市場のケーズデンキでポイントを利用して購入しました。

設定

大変だったのは設定です。裏面のスイッチを「オート」にしたままだと、インターネット接続のところで「transix」としか設定することができず、AFTRアドレスの設定ができません。ステータスを見るとインターネット接続がされていないように見えますが、IPv6サイトへの接続はできました。IPv4 サイトへは繋がりません。

電源オフの状態で裏面のモード切替スイッチをカスタムにして電源を入れることで、詳細な設定ができるようになるはずなのですが、インターネットの設定で新しくAPモードの選択肢が増えた以外は変化がありませんでした。

このまま、二日間放置して、ルーターの電源オフ、オンをしてみると、今度は「transix」が消えて、「IPv4 over IPv6(DS-Lite)」の選択肢が現れて、ここを選択すると詳細設定ができました。(なぜ詳細設定ができるようになったかが分からないのですが、二日間置いたことで、ファームウェアがアップデートしたのでしょうか?)

IPv6ブリッジ、DHCPv6-PDの選択はひかり電話契約があるので、DHCPv6-PDを選択しました。ただ、NTTのレンタルVOIPルーターの後段にルーターを設置する場合は、ひかり電話契約の有無に関わらずIPv6ブリッジを選択すると解説されているサイトもあるので、別途、こちらも確かめてみます。

VNE自動切り替えをマニュアルでは「有効」にしているのですが、なぜかここの設定変更ができずに「無効」のままにしていますが、それ以外はOKです。VNE自動切り替えはプロバイダの変更を検出した際に自動設定してくれる機能のようです。

楽天ひかりのこちらのページに書いてある設定方法に従って設定すると、無事にIPv4接続ができるようになりました。

お知らせ - 楽天モバイル株式会社
光回線とプロバイダがセットでお得!現在フレッツ光をご利用の場合、工事なしで楽天ひかりへ転用できます。

スピードが上がりましたし、夜になってもスピードが落ちないのは大きな収穫です。

コメント