バーコード決済は日本で普及するのか?

金融・株・トレード

一時期は還元ポイントが大盤振る舞いされたりして非常に注目されていたバーコード決済ですが、最近はあまり大きな還元が行われなくなったような気がします。テレビコマーシャルでもバーコード決済系のCMは最近見た覚えがありません。

すでにバーコード決済業界ではオリガミペイが淘汰されてしまいましたが、各社ともこれ以上の大盤振る舞いは難しい状況になってきているのではないでしょうか。

キャンペーンがなくなってきたことに伴い、私自身はバーコード決済は全く利用しなくなってしまいました。

非接触式の電子決済が利用できるお店では、主にIDを利用していますし、そうでなければクレジットカードの利用が主です。

正直、バーコード決済は使い勝手が悪いと思います。精算時にアプリを起動してバーコードをスキャンする画面、またはバーコードを表示する画面を表示しなければいけません。

起動の手間がかかるほか、電波状況が悪いところではバーコードを表示することすらできずに悲惨なことになります。また、そのお店のアプリで、クーロン券を配っているときは悲惨です。一旦、お店のアプリでバーコードを表示して、次にバーコード決済アプリを起動するという手間が発生します。

スマホの操作に時間がかかるので、後ろにお客さんが並んでいると申し訳なくなってきます。

ペイペイがキャンペーンを実施しているときは、お店でペイペイを使っている人を多く見かけましたが、最近は見かけなくなってきました。利用者が減ってきているのではないでしょうか。

今後、できれば、ICカードリーダーにかざすだけで決済できる非接触ICカード方式のSuica、ID、QUICPay、Edy、WAON、ナナコなどの電子マネーに統一されていくことを期待したいです。

コメント